FC2ブログ

12月 « 2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

不惑の時節の回想。

2019年 12月21日 23:21 (土)


人気ブログランキング
↑ポチっ
こんにちは。

今年も終わりに近づきましたが、此の頃意味不明な気儘な事を疎かにして居る感も在り、ふと回想的に記します。


持説所論等を所望する事が不惑の存在なのだろうが、自儘な人の行いは不可思議で不惑との事に惑うのでも在ろう。
此の存在を内観しているとの証左とも云えよう行いなのだが、投石的な衆人の番外者から視える物は、其の探索的惑いや惑う事の意義を脱兎の如く思索に怠惰で在る様が現代の人の不惑との意味でも在ろうと苦慮し、容易く脱ぎ捨てた帯びが脱衣所の籠から端だけ、だらしなく垂れる様で、淫靡にも似た感情にもなり、澄ました美女のだらしのない口元を想起させよう。

現代の不惑なる面持ちの世代が発する処の嗟嘆とは、輪廻してきた前世を上座から偲び想うとの事にも似よう。

無為なれど、為れずの惑いの歳、其の惑いを惑いとせずに過ぎ去る後に襲う背信が欺瞞となり、巣喰う処にもなり風呂場の格子の外と内、寒風の氷柱と弾く肌の上の湯気の相対なので在ろう。

湯に潜る肌の赤みは、処狭しと熱い若衆の鉄火場と相似するのだが、熱は放散されて初めて生き尽き、熱を帯びたと云えるので在ろうから、熱を感じない様、即ち、籠の中の帯のだらしなさの淫靡で在るのが、内なる内から覗く淫靡さと、隙間から漏れる湯気から氷柱を招致する外的な淫靡を求める様との相違は、意趣返しでも在るのだが、外から臨む所為は、青年期の自慰と似て全てに於いて偶発では無い。

偶発的で無い淫靡なる想いは創造でしか無いので在る。

偶像を求め彷徨う弟子は、誠に愚者とも云えるが、後世の歪曲に因る処では救われ、また逆も真ともなり得るので在ろう。
不惑の時節を惑わずに透過する事の透明で澄んで居るのでは、何にも棲めないともなるのだろう。

青年期の不面目な気恥ずかしさを、此の惑いの時節に再興し記憶を診、更なる帯を締めるとの事にも似た試みが不惑に逝くとなるのかと思念もする。

帯は所詮、腰の位置役目を果てるでも在るのだし、だらしなさや傾奇も映える様も、いで立ちの冴え。
恣意な淫靡は結果の偶然の冴えに依る処為れど、其の高貴さは診えずに淫靡な淫乱ともなる。

美は偶然の計らいでしかないので在ろうが、其の偶発を求め所作する事は其の時点で偶発を目にする事を自ら拒絶もしているのだが、違う勘定と欲目とやらで眼も塞がれ、穴を覗くも湯気ばかりとなり、其れが青年期でも在るのだ。

鉄火場に居て、帯びる熱、籠の帯、傾奇く帯。

差し程も変わりも無い様なのだが、観得る物は単調な芝居でも奥ゆかしき情念を診る事が出来得るのは、情念俟った事を深淵に在所する者が観得る事でも在り、役者また見得を切り、奥を取るのだ。

不惑とは惑わせる情念を持ち寄れるで在ろう時節に、其の後の人生訓を形付け意義を持たし、青年期の気恥ずかしさも無くてはならない自己と自己の自己完結な絆の様な事なので在り、証でも在ろう。
稚拙に気に掛けない籠の帯の人生も一つ。

淫靡を淫靡付け、熱を肌に受け発散出来得るのも常套。
夥しい帯を帯びる。

子供じみた馬鹿馬鹿しい事なのだが、此の不惑の時節に思いあぐねた惑う持説を回想したとの事で在りましたが、そろそろと天命を知らねばとも思うが聊か心もとない。

終わる。

↓ポチっ

人気ブログランキング




スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

扇動的概念破壊論者の悲哀。

2019年 12月16日 08:35 (月)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

此の時期に毎日ブログなんぞ書くと、或る意味阿保だと云われるので忙しい振りもしてしまう自己は矢張り、大衆迎合しているのでしょう。

概念の問題でも在りますが、短慮では概念を壊す事で独自性が産まれるとも云いますが、其処迄もが大衆的社会性の中の概念の範疇でしか無く、或る種、仕組まれ誘導され、其の事を云う、有名大家自身も自己が悪の扇動者とも無自覚で在り、其の事が扇動者たらしめもしていると云え、概念破壊論的大衆概念とも云えましょう。

概念と根底に往来している欲望を社会性や意義で後付けし、理論建てている体でも在りますが、本音では金銭欲が不動産でしか在りません、仮に蟻の繁殖で不動産程収入も在り、手間も然程掛かれなければ、蟻を皆が競い繁殖させる筈です。

要は、蟻や不動産には意思も当然なく、土地は土地でしか無く其れ以上でも以下でもも無いのが本質で、其処に価値を見出すのは人間ですから、蟻の事を真面目に議論する事に似た、不動産の法規やシミュレーションを幾ら学んでも意味が無いとも云えます。

学ぶべきは人間の真理と大衆の本質と自論では思慮致しております。

人間性が善い事で許される稚拙な短慮な事柄に流布程、有害な事は在りません。
大衆とは其の様な者。
最悪も知らずに家族を犠牲にし何をしたいのか?

仲間等は本質的な人生の中では欺瞞的現代人の自己愛の生贄でしか在り得ないとも思念致してもおり、本心では此の様な事迄に思索を及ぼす事を子供にはしても貰いたくは無いのでは在りますが、遺伝子は其れを許しもしないでしょうから、結果として親の害とも利点とも何方にせよ、子は自己でも在りましょう。

大衆に埋没するか、大衆様に寄り沿うか、其の概念の外に傍観出来得るかで大別される事でも在りますが、其の事の理解と自己の所属の居心地はまた其の別で在り、去来する振幅を傍観出来得る自己を知り、愉しめる心地を診る事が此の世とは思惟もします。

忙しいので短く終わる。

↓ポチっ

人気ブログランキング








テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

孤独観。

2019年 11月24日 13:27 (日)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

不動産投資家は孤独とか?
真に孤独を知る者が此処に居るとも思えない。

云いたい事は理解もしますが、其の事は一義的な事象を示唆もして居るのでしょうが、本質的には全く違う話でも在ると思料していますが、しかし、通俗的な者同士には誠に道理は通ります。

事の言語や施策を通念的に解釈し、其の事を本来の自己で咀嚼出来得れば善い事なのですが、本来の自己のが通俗的では思惟と云う事を為してい無いとなりましょう。

通念的な思考での孤独か否かは、周辺たる他者の存在と自己の親疎の別を云うのでしょうが、其の考察眼が通念的か真に思索的かの違いとも云えます。

群れを成す中でも孤独感を味わえる事も多いでしょう。
此の味わいを自己から能動的に思索する事も本質的には孤独とも云いませんが、通念しか持ち寄れない同士の道理因りは断然思索的な上座には位置しましょうが、此の孤独感は自己愛性障害への憧れに過ぎません。

通念者同士では、大家は孤独と云いつつ誰それとの会話が成り立ってもいる時点で孤独にはなり得ても居ません。
また、孤独を愛すると云いつつ、何かしら世間に発信している時点で孤独に愛されても居ません。

また、仲間を大切にとのお花畑の通念では、実情的には孤独に為り得る行動原理なのですが皮肉にも其の示唆が自己に自覚も無く孤独に陥り、其の孤独の味わいを知らずに居る事かとも思料しています。

要は、仲間達のお陰との感謝の気持ちを忘れない事を通念として生きる事は現社会では当然至極でも在りますが、其の事の成り立ちを分解的に解釈し思索を以って対峙していない者は、自己から沸く真理を歪め自己で通念と云う名の審判を下し社会に埋もれて自己を失うとの事で、其の悲哀は最早自己を失った孤独とも云えましょうが、其の自己を自己は自覚も出来得ないとの事。

孤独とは、周辺者との対峙から出でる現象では無く、自己の中で涌く真の審判。

終わる。
↓ポチっ

人気ブログランキング





テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

虚像と鏡像・鏡像段階。

2019年 10月28日 12:35 (月)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

此の大家業と云う素人多数の世界に本業不動産屋の存在は或る意味、不協和音的な感も否めません。
ですが、此方の意図する事に係らずに、今の僕の立ち位置を知る者は気軽に相談をも持ち込む事も在ります。

此の事は善いとして、其の後迄、結果迄は責任持てませんし、背押しをして貰いたいとも事も多々在り、其の事に対し忖度する事も在りますので、アドバイス等は在って無いに等しいとも思っても居ます。

色々とリサーチ的な感覚で其の動向、所謂、大衆性を診ているのですが、色々と素人投資家大家の世界も在ります。

其の中でも、良く思う事は、何に付けプロの僕から診ても感心出来る大家さんは、何かしら突き抜ける確固たる才が存在します。

此の事は絶対です。

例えば、ブログを毎日欠かさずに書く、付き合いが良い、人の悪口を云わない、義理堅い、金に汚く無い等・・・・・・・・・・・・
目立って何かしら褒められる特性が診えます。

逆に云えば普通の及第点では何事も成し得なく一角の人物にはなれないとの事なのかも知れません。

例えば、人を迎えに行くのに車が故障し大切な人を待たせる事は、故障と云う物理的事象と捉えれば止むを得ない事でも在りますが、其の車がボロ車なのにも係わらず気にせず乗る事をしていては其れ自体が迎えに遅れた主因でしか無く、物理的では無く心理的な事が其の醜態の主因となり、徹頭徹尾に気遣いが尖がる者は此の様な事にはなり得ません。

要は、想像力や独自性の問題でも在ります。

また、プロの僕が不動産投資の何かのお題を提示し、素人投資家大家さんが其の事に各々の解を持ち寄る事で学びとする事が在りますが、其の事から僕はまた違った事柄が色々と診える事も在り、或る種、愉しめもします。

何でもそうですが、想像力や創造性が在れば専門家でも無くても解ける事は相当に多く在りましょう。

問いを問いとして解いていている間は、何ら意味の無い事だと思います。

何かを問われたらば、其の事を意識する自己を診る事が本来のお題との事で、お題を解く時、視る物はお題では無く、其の質問の意図なりを視る自己の鏡を読み解くとの事。

仮に、机の上にコップが幾つ在るでしょう?
の問いに、数えて解を出すうちは赤子、質問者の性格を診て解を探る事でも普通。
其の事を認識し、今此の設問に対峙した時に自己が何を意識し、解の導き成し得ているかの思索の行程の自己認識の其の所在が肝要との事で、其の思索が出来得る者は解の結果が違っていても、僕の出す質問の解の意図には正解との事。

此の事も想像力と創造性や独自性、または、より本質に近づく思索の用法。

僕の事を近い人は知っても居ましょうが、全く知り得ても居ない事かとも思います。

知っている僕と云う存在は、所詮、貴方の中の解釈の中での僕でしか無く、虚像。

要は、其の虚像は鏡像で貴方との事。

貴方の問いに貴方が答えるのにも関わらず、解が出ず其の思索も無い不思議さとの事が云いたい本趣旨でも在ります。

此のブログ等もそうですが、書き手たる僕と云う鏡を通し視る虚像を洞察している様子でしょうが、自己を診ずに他者の洞察等出来る筈も無く、自己の策に溺れるとの事。

今、此の場では何となく理解出来た様子も示し我に返る方もいますが、其の実、其の事迄も自己帰結した想像内での事でしか無い場合が多く、本質的想像をしてもいないとも診て執れます。
其の証左で、同じ事の繰り返しが多く診られもします。

創造性の自己詰問の問題なのですが、此の場では不動産投資の事が主題にはなりましょうが、多くの者は不動産投資の直接的な解や学びを専門的な書籍から得ても居ましょうが、其の施策が多くの問題との事でも在ります。

何らかの問題に対峙した時の解の善し悪しは大抵、其の人間性に大きく振幅しても居ますし、専門書では無い処からの知識や叡智さえ思索出来さえすれば想像性や創造性が養え、其の事が専門的知識を凌駕する事も在り得るとの事。

大家が少しばかり不動産知識が着くと天狗になり解った気で、インプット・アウトプットと云って仕舞いますが、本質的に幼児が鏡を見て他者との自己の存在をやっと朧気に認識した段階に過ぎず、善悪や自己と他者の区別も出来ない段階で、未だに自己が確立はしていない精神性の暴露とも云え、犬が鏡に映る犬を吠える様にも似ます。

此のインプット・アウトプット等は、一義的にはとても有益な事を云っても居るのは然り承知でも在りますが、其れは此の社会性の大衆の中では大いに意義も在り、創造性が要諦の此の不動産投資では使い物にはならないとの事でも在りますので、再現性等と云う事と一緒で本質的には陳腐でしか在りませんが、大衆性の中では最も好まれるとの事も理解はしていますし、大衆商売の自己は其の事を大衆様には云いません。

小手先や用語の意味だけの理解ならば、教え聴かせる事は良い事。

しかし、其の事を以って不動産投資を大成出来得るかは全く違うとの事が真理で在り、其の事が上述から云うように自己認識の問題と想像性、創造性にも繫がります。

話戻り、仮に僕の出したお題に間違えた場合の反応として、

「あぁ~間違えた~今度は、其の事にもアンテナ張り気を付けないとなァ~」
では全く自己の中身が無く勉強に付いて勉強を重ねる大衆との事。

其の答えを導く道すがらの思索の行程が、自己の本質で今の姿だと自覚さえすれば良い事ですが、自覚が無いと常に誰かの良い施策を取り込むだけ、他人の人生を沿るだけの云わば、無自覚な窃盗犯的な人生で終わるとの事。


大衆性を診て自己の立ち位置を判別し、想像性と創造性を養う事は良策にて、本質的自己を理解も出来なければ、誰かの肥しで在り、其の事を理解出来ず結果、一所懸命誰かを養う様は滑稽で勿体ない人生でも在ろうと憂慮もしています。

終わり。

↓ポチっ

人気ブログランキング









テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

純粋な自我。

2019年 10月14日 13:29 (月)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

色々と想う事が多かった台風でした。
誰かも書いては居ましたが、大事に対峙した時の自己のの情けなさやら・・・・

人間ですから右往左往は当然憑き物。

憑き物です。

此の事柄を押し広げて行きます。

人は今の現実、眼に映る物を経験していると錯覚もして居ましょうが、手にした飲料水も花の香りも全て過去の経験や体現を沿り、其の記憶や観念で紐付けされて自己解釈に因って説明的に見ているに過ぎない事。

洪水は怖い・・・・
火事は怖い・・・・

全て先人の記憶に過ぎない事で、其れを真直に体験したところで、矢張り観念まった記憶認識に押しやっている領域の抽斗から抽出した存在としてしか為り得てはいないとの解釈と傍観的に思惟する。
此の世に生きるとは、本質的には其の様な事で出でたのが人ではなかろうかとの解釈。
一見、物事は細分化すれば当然、解釈的合点も摂取も容易く見える事でも在ろうし、其の事は体現的経験と置換と相俟って第一義肯定的自己と縋るのでも在ろうが、其の実、至誠としての、人たらしめるにはに此の第一義肯定的自己は憂愁悲哀に満ちた事でしかないので在り、各々の世界観と人類としての至誠的人と類似的矛盾の肯定の同一を図る事の示唆思索を為す事が要諦だと解く。

先にも云う処の一義的体現等は本質的自我に劣後し得る、其の存在の体現こそが本質的自我、至誠的人の見えざる操舵となり得ると料簡もするのだが、現社会の中では第一義に体現した観念的記憶の其の軌跡が顕揚とされてもいて、其れが人類の叡智などと、更に第一義的に解釈の流布と教育で説明的体現を記憶たらしめて、此の様な馬鹿げた様の文章を請け入れはしないので在ろうとも思う。

先にも云っても居るし、段階的自我の話しでも在るのだが、此の事自体の思索も無い者も多い事。

純粋自我を思索するにも、所詮は第一義的観念の中の記憶と其の顕揚心から発して居ようが、其の道では辿り着けない頂きとの事。
一所懸命に学ぶ姿が見すぼらしく、其の世は上座の様相を夢想させるには必定な事なのだが、と或る人との交わりでは正解でも純粋自我を夢想させられている事の気づきも無い夢想的自我な様相なので在るから、真に純粋自我を持つ嬰児にも劣るとの考察に為る。

第一義的観念まった体現に先立ち、純粋な自我がを呼び覚ます示唆思惟こそが本質的純粋な自我を診て執る事の頂きに近づくのではなかろうか。
此の世を語る、数式や科学如きは、立体的では無く、実際に此の俗社会を構成はして居ても真理為る人類を説くモノとはなり得ず、其の意味では芸術家の寓意性で語られる事の方が、真正なる真理の朧気なる輪郭を為し得てもいて、最も世を解釈する手蔓とも云えよう。
其の社会性の中の第一義的言葉で語るに、無我にも帰結するとの事なので在るが、此れに含意する事は本質的な無我では無く、矢張り思索の壁も診えない無常な体現的自我なのでも在ろう。

何故に此の様な文章や語彙が読み辛く馴染めないのかは、普遍的と思えし恣意的夢想的観念の中で見るからでも在り、其の意見する処は、市井の人の観念は至誠に在らずとの事。

毎度、不動産投資の事を記していない様子だが、本質的に不動産の何たるかを説いているつもりでも在る。
自己は、不動産を透過し其の上座の人たる所以を探究しているに過ぎず、仮の此の世と真正なる世を往来的段階的思索と思惟を以って記しているとの事でも在り、読み辛い読み手は常に何か要らぬ物に疲れ、其の事に憑かれて、頭、心、躰が勝って気儘な振る舞いとの表現でも在る。

終わり。

↓ポチっ

人気ブログランキング

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー