FC2ブログ

02月 « 2019年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

不動産投資家の敷衍的思考・本質と相対的相互作用の市場再帰の有用性。

2019年 03月19日 19:31 (火)



人気ブログランキング
ポチってね↑



こんにちは。

不動産投資の各種の用法と市場や大衆社会、資本主義の一片断片を自論的に考察したいと思います。

本来的な私の思考の表現法は、此の様相ですので、今回の事柄の内容は読み辛い事だとは思いますので、お暇な方のみ読み進め推奨と致します。

先ず、一見、無秩序に見えるが統制が執れ、自己の利己的要素を覆う事を是とされるのが、此の現実界の日本の社会秩序との事で、善良な風俗とも云える俗世間が押し付け的社会を構成しているとも思料し、其の本質を考察するに、本来、低俗的でも在る社会構成要員の多数の者の思考を指すと思われ、其れを俗に世間の社会通念とも云うのかとは思料するが、社会通念は大多数には有益な秤とは為ろうが、或る相対での取引では、其の或る事柄の理解の解釈に相当な乖離も現実し得る事の理解の無理解の理解者への遮蔽的心理や、理解者との隔たりの反論的主張を見るに付け解釈するに、其の様は白痴にも似て、また、叡智の築きの無い、無理解者の本来の拠り所、知恵の棲み処の社会通念とやらの反作用の用法、援用に他ならず、此の事を以って誠の無様を無理解者が自己で吐露、暴露する事と同義との意でもある。

其の事は、実際の相対取引たる不動産売買、資本主義社会に於いては、相対的には市場性を成す事の必然の要素、即ち一定の再帰性との事だが、市場参加者が一方に過剰に偏重する事は在るが、もう片方のが絶対ゼロにはならないのが市場で有る事の要素でもあり其れが担保されているからこそ日本有史以来、土地に価値が有り相対的だが一定の市場が存在し得る。

此の事は不変にも観えるが、実際は不変でも無く、存在自体の存在も本質的に朧気とも云えようが、本題の趣旨とは離れ、また、頭の切り替えが出来た時にでも記します。

市場再帰の考えに習うと、一定の時間の経過と共に一定の再帰、再開、再生を成し得た懲りない者や、新規の懲りない予備軍、有体に云えば破綻者予備軍が存在し、絶対的に相対取引市場が存在し得るとの事。

此の場で,私が物を書く事の本来の意味は市場参加者、初心者や欲に眼が眩んだ者への進言と諫言なので在るが、上述を理解し得る者としては、其の事の啓蒙自体が自己の不動産投資家としての最大の喜び、即ち利益の最大化が成し得ない事にもなり、壮大な矛盾となり自己言及となる。

この事は私的にはどうでもよい事で在る、私一人の声よりも愚者たる俗的通念の者が大多数な事を知っているからだし、其の妄信的社会通俗者、愚者は何を云っても私の言葉は耳に触らないのを知っているからである。

其の安心な安定な大多数の層が在るからこそ、今の私が存在するとの証左でも在ろう。

自身、決して成功しているとは思ってはいないが、比較の問題だけで観察するに、私が絶対に行わない投資用法の土地からの新築を地方都市や人口減少地域で運営する者よりは優れてはいるであろう。

此の辺の考察の深堀はまたの機会に記すが、少し触れると、今後の市場動向の中で破綻を為す大きな層は、新築参加者で在ろうとも危惧する。
単に市場参加者の比率の問題では無く、仕組みの問題で在り、単純な心理の問題でもある。

危惧はするが、上述の再帰性の理屈で云えば一定の周回遅れの再起者が、サラリーマン投資家の破綻新築物件を拾うので在ろう、其の事自体が再帰性の有用性なのかとの本質的意味領域との事かとは自論的に消化している。

云うなれば、失敗から学ばない者が、記憶、思考法、其のままに輪廻している様相とも云え、一定の成功に近い市場参加者は触らない物件群を社会通念の信奉者が争奪する様が餓鬼とも云えよう。

少し話が逸れたが、本趣に戻ると、現在の資本主義の特徴とは、単に欲望の世紀との事に集約されよう。

日本は、欲望をひた隠す事の美徳を旨とするのが、愚民たる大衆の社会通念を押し付けているのが社会でもある。

資本家は大衆から搾取しないと資本が、回収拡大出来ないので、本質を隠し大衆迎合した事、物を提供せなばならないとの事であり、不動産投資の参加者は、大多数の大衆であり、大多数の搾取される側に在るが、自己で端から大衆で搾取される側と理解解釈の上での参入は当然に皆無で在ろう、現状の労働者からの脱出の幻想を具現化させる事が本懐で在ろうが、労働者に籍を置き資本家の真似事で半端な立ち位置では、半端な利益に終始な事なのであろう。


勘の良い方はご理解できるであろうが、抑々、大衆たる者の美徳、欲望をひた隠す美徳を一方で作用させ一方で誇張し羨望する大衆の多数の労働者投資家の矛盾。

持つ者になった途端に見える世界が変化する事は理解に容易いが、心根は生を受けてから本質的には変化は無いと自己では捉え、大衆で在っても生得的に精神的に資本家か否かは、実存社会のいで立ちとは其の別で在ろとは思慮し、実際のお金の嵩の優劣を以って判断、考察されるのでは無く、真理の有り様の過程から得る視認が本質的な資本家なのかとは自論的解釈をする。

要諦は、社会通念や観念の解釈に疑問を用い、法と善悪の区別を妄信するか否かで物事が左右されるとの意でもある。

本質的な幸福とは、当然に各々で違うが、幸福の概念を意味付けするのならば、其処に介在する社会通念や概念に疑いを用いて思考出来得るか、抑々、幸福の観念を大衆や親の刷り込みやを妄信した結果の存在の悲哀の理解が在るか⁈


資本主義や労働者、不動産投資の用法の別は在ろうが、小手先の合従連衡的な物の見方、解釈では無く、本質的な深意で敷衍的思索をし真理を探るのが本質的な幸福で、其れに不随するお金との付き合いとの事かと思料する。

今回は此れにて終わります。

↓ポチってね

人気ブログランキング












スポンサーサイト



新築崖の上の買いた病の恋・似て非なる投資家

2019年 03月19日 13:25 (火)


人気ブログランキング
ポチってね↑



こんにちは。

春は確定申告と花粉症、5月は、市県民税やら固定資産税やら税金が押し寄せて来る、憂鬱な季節です。

ある程度の規模や保有種別で税金の重みが変わりますが、手取りの所得が4000万を越える辺りから、諦めに似た感覚で払うしか有りません。

節税も大切ですが、税金だけは穴が見つからないですね。


固定資産税も、登記上店舗になっているRC商業ビルなんて、同じ規模、地域の住居系ビルと比較するに商業ビルは税コスト嵩みますね。


いきなり、本題からズレましたが、税の事は又の機会に書きたいと思います。
今日は、初心者にも有用かと思える築古戸建ての即転売ケースと、崖の上に建てる横浜系ウンコ新築物件を取り上げ勝って気儘に自論を展開致します。


一般の方がプライスミスの物件を購入する、または、任意売却かどうかを知るヒントを少し書き綴っていきたいと思います。

以前にも言いましたが、皆さんの情報収集方法と、僕の其れに違いがあるから市場より安く買えたり、不動産屋だから安く買えるか?
全然違いは無いと考えています。

何故違いが無いかを、実例を交えお話したいと思います。

去年のお話ですが、中古住宅で相場より2割程安い物件が、一般的な住宅情報サイト1社限定で、専属専任でアップされました。 この時点で、情報は一般投資家さんも、業者も変わりません。

築古中古市場の2割安は業者にとって微妙な感じで、旨味が有りません。

この時点で、一般投資家に有利です。

僕は、全ての可能性を考えますし、ドミナントなので地域の人気学区2や公園、地域の平均年齢まで考慮し購入致します。
その代わり、自分の買う地域以外では市場の半値でも触手を伸ばしません。

今回の物件スペックは築30年3DK、整形地 地元の分譲会社施工で当時としてはお洒落、人気学区。


1400万で、市場の8掛け程度です。
何故売れないか? この物件は、埼玉某市ですが専属専任は港区の業者です。

この時点で、我々はプライスミスか任売かなと、見ます。

且つ、レインズから業者を名乗り資料請求しても、貰えなければエンドの両手しかやらないスタンスです。


任売にありがちで、業者に売るのは駄目って事になります。

この時点で業者はアウトです。
その中でも最も市場で売れない理由は、情報の入り口が一か所限定なので知れ渡らない、専属専任の業者の情報元の弁護士や、その他から仕方なしにやっている。

売主から手数料が薄利で、実質片手、買主しか見込めず面倒、広告費も先行出費で掛けたくない、なので、売れなくてもいいとのスタンスです。

僕は、ポータルサイトから個人でも、問い合わせしましたが、案内渋っていましたので、とことんヘリ下り、今にも買う勢いの自宅が欲しくて1年探していたカモを装いと暗にウブなお客で楽チンな客を思わせます。

こんな感じだと、都内から鍵を持って案内下さいまよ。

この時うるさい質問したら売れましたと言われお仕舞です、そんな業者は業法違反だから悪いのは業者だ嫌だとの声を上げる者は一生クソ安いお得な物件は買えません、買えるのは新築のゴミ物件横浜の崖の上位でしょうね。

其れはさて置き、安く買う事が先決でクソの役のも建たない矜持などは塵箱に。

現地で話を聞くに、任売なのは百も承知ですが我慢で聞きます。


説明では、現況のまま取引。

今回はその場で、ローン無、瑕疵担保無、測量無で、一切面倒な客ではないと主張し1400万にて決めて戴きました。

当然、勝算が有ったので満額で買いました、単純に此のエリアのエンド売値が確実に見える事と、都内の業者による誘導的プライスミスで損はなさそう、即転売でも利益が見える事の確信。

プライスミスは瞬時に消滅ですが、業者の対応、思惑によって一般投資家が有利な事も多々あるので、兎に角、無駄な鉄砲撃ち、スキルを上げていく事が吉だと思います。

今回は任売で業者は不可、エンドでも他業者客付け不可、面倒な客不可、楽チンポンな客以外はロットが小さくヤル気が起きない都内の業者が預かる埼玉の物件との事が歪んだ値付けの要因。

問い合わせ時の業者の横柄なファーストタッチで切れる人は終わっています。

結果、購入物件は賃貸と中古住宅として同時募集しましたが賃貸と売買で多数申し込みが多数ありましたが、結果、現況渡しで1900万で1か月後に売れました。

同じ事が出来れば、皆さんも何のコネも無く400万粗利を手に出来た事例です。

肝心な事は、相手の気持ちを汲む事です、安い値付けは本来業者は百も承知なのです。

業者で純粋に値付けを間違える馬鹿は、何処かで抹殺され退場しています。

上述の思惑で、幾らでも良いが主眼は両手でしか御座いません。
況してや、業者に生意気に面倒な言葉ですと『僕宅建持ってるんですよぉ~』って暗に騙されませんよって、圧を掛ける者は最悪の結果しか御座いません。

引っ張るだけ引っ張り、最後は売れましたと業者の玩具にされましょう。

実際、僕はこの立場ならそうしますよ。

売主案件は横柄に、買主案件はへりくだるのが鉄則。

抜け目のない交渉ってのも当然、時には御座いますが、売れ残りの物件を安く買った処で又、売れませんし資産性が無いとの証左です。
慰めになるのが利回り30%とかCFで稼げる物件なだけとの事。


抑々利回り星人と僕の資産棄損の無い物件は不動産投資の中でもジャンルが違います、大別するに下記3例。

1・利回り星人で地方の人口減少地域のRC物件や群馬方面等は、資産棄損度外視で短絡的なマヤカシなCFを追い求める者で、
横浜や横須賀の崖地の『新築投資家』は罰ゲームなドMなピーターパン。

2・利回り以外の堅実な普通の物件を買う者は、確りとした医師、高属性、地主。

3・利回りと資産棄損の無い好立地、人口減少が2045年でも無い地域の景色良好物件安くを買うのが最良の投資家。

同じ不動産投資家ですが、違う投資家とも云えます。

各々の立ち位置で、見える投資は違いましょうが、3の投資を実践すると1はクソ程の価値が無いのが理解出来ます。

では、此の辺で云いたい事を云ったので終わります。

↓ポチってね

人気ブログランキング