FC2ブログ

04月 « 2019年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

醜い事も美、美もまた醜い。

2019年 05月12日 10:54 (日)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。



今回は概念の事を。

完全な普遍とは何ぞやになりますから、物事は段階で区切らないと宇宙と神様のお話になり混沌でお仕舞です。
普遍的概念を何処で切るかとの事です。
有り体に置換するなら、各々の相対的価値観とでも云いましょうか。

種族、所属で其々の価値観の普遍が発生する。

犬は犬でしかない。
猫も。

審美観も其々相違する。

人間の其れは複雑怪奇で在り、雄雌、貧富、人種・・・・

各種狭義でのは、価値観の普遍性を誠の様に唱えています。

観念や洗脳とは恐ろしい。

洗脳者には気を付けろと、宣う輩が施す事も洗脳に他ならず、痛々しい事。
豚はブタです。

何故に白馬に視えるか?

人間に内在する確固たる客観的普遍を上げるのならば、子供を虐待してはならない。
此の位で、其の他は状況に選りけりで変化します。

然も語り部たるブタの洗脳者が、違う所属の普遍的価値の危険を説き、己の所属の甘い水を説く醜態。
所詮は、種や所属を越えた普遍など存在し得ない事が普遍でも在ろうし、簡単な理屈でも在ります。

相対的な一概念を絶対的普遍と混同しては、実際に相対的な各種概念や価値観を比較もし得ない。

翻り、自己から発する起想は、絶対的客観もし得ないので各種概念もまた客観視出来ず、他者の誘導に頼るか自己の都合の客観を用い、取り上げ切り捨て選択し、其の事に思索を巡らすと無限になり、結局は、自己の好きにされれば宜しいとなります。

其れが答えなのは同意しますが、此の思考過程が有意と云うもの。
自己が此の過程も出来ている風なら未だしも、盲目的に人気だから信用を結ぶ、其の思考が豚を産み育てています。


両刀論法の自己言及を敷衍的に探索し、混迷せず捉えられ思惟出来れば真理は至極容易く見えます。

惚れたらお仕舞との事でも在ります。

同じ溺れるなら自己に惚れ、自己に溺れる事で諦めも付く理。

明日、無人島に流れついたとして老衰死まで生き残れるかを夢想し、此の社会通念とやらの世界で生きているか?。
意外に考えないのでしょうが、実は考えてるかとも云えます。

不動産大家ではDIYが苦手との言葉も御座いますが、此の事は広義の無人島の中の自己です。
遣らざるを得ない事態か否かは別で、危機意識の問題を常に思考し続ける自己が在るかとの事かとも思います。

人間はお一人様。

ご縁とは、因縁の事です。

因果と縁は同義と捉えられもします。

お一人様だが、他者と関りを持つのも人間。
対人で感じる因果、因縁、ご縁。

気にしないのも一考、縁を大切にも理解しますし普遍的にも思えますが、やはり切り口次第です。
縁を大切にして、最もご縁の在る人を亡くしては始まっても居ません。

結果は見えませんが、遣らないと理解出来ない人も、其れは其れで意味が在るのでしょうし、混迷し進む道を軌道修正しても、其の事自体が、本来の正道が詭道となり得ているかも知れず、足掻いた事自体が正道ともなり得、其の人の本質的な道は、図らずも誰かの為に施す事や、搾取される事が命運なのかも知れません。

簡単には、騙される人は運命で決まっているが、其の試練は形は違えど誰しも経験し得る。
洗脳者も生きている意味が在るが、人間、死ぬときは皆同じで帳尻が合うのだとも思えます。


醜い事も美、美も醜いとの事。


最後に無人島で思い出しました。
無人島に女1人・男2人の設定での各国のお国柄を現す小話。

ロシア人は、3人仲良くウォッカで酔いつぶれる。

イタリア人は、女を取り合い決闘する。

フランス人は、3人で愉しむ。

アメリカ人は、男2人で愉しむ。

日本人は⁈



本社に問い合わせ、指示を仰ぐ。

日本人は平和ですね。


では終わります。

ポチってね

人気ブログランキング



スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー