FC2ブログ

04月 « 2019年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

融資が厳しい・踏み絵。

2019年 05月13日 14:20 (月)


人気ブログランキング
↑ポチっ



こんにちは。

読み手は、物件を買いたいが買えないと悩む方々かは知りませんが、買えない=融資が出ない。

融資が出ないで思案を巡らせ策を練る。

其の、融資は出ない事の事実は存在として在ります。
解釈として何をすれば良いかとの事でしょう。

事実と解釈の用法。

何処かで聞いた事は在るかとも思いますが、解釈は観念でしかない。

問題は融資が出ない事実では無く、事実に対峙した時の自己。
出ないなら現金で買うか買わないか?

現金で買っても良いと思える物件かとの解釈も自己に内在する観念ですが、多数派を占める事と事実を混同すると常に間違います。

此の事の理解が肝要な事なのかとの思い。

抑々、今迄は融資が出たで在ろう物件も否決されて、ジリジリとして、買いたいとの事しか思考が巡らない方が多い様に感じます。
此れ等の意見を考察するとイイ学びにはなります。

此れ等は、セオリーのど真ん中を闊歩していますが、先の解釈と事実に照らすと・・・・

事実は、持ち込む物件が否認されてる事。
解釈は、銀行のスタンスの変化。

此れは違和感しか在りません。

事実は、否認は間違いは無い。
解釈は、持ち込む物件が総じてゴミで担保割れだから。

銀行のスタンスの変化は他者の視点でしかなく、自己に視点が向いてなく、銀行の顔色を見ている愚。
物件も己の鏡。

事実は、物件の否認ですが、持ち込む人の否認と同義。
ですが、人物が性悪でも物件が安く土地の担保価値が有れば融資は出る、今でも、誰にでも。

要は、物件選びの前の段階のお話。


此れが実際の冷静な考察なのかとも思います。

肝心な事は、物件の”事物””の物と、自己の解釈の理解の”物事””の事です。

事物の物に拘っている様で、其の実、融資が出易いとの安直な思考でクソ高い物件を検討する事ばかりに思いを馳せ、銀行のスタンスや景気の上下ばかりに目を配る前に、自己ので組み立てた用法を苦心する事に思案を巡らす事が肝要かとも思います。

重ねですが、テクニックでは無く、物件の力が在れば、今でも誰にでも融資は降ります。

一番簡単な様に見える事は一番苦戦します。
誰でも出来そうな事は、実際に誰にでも出来ます。


此の融資が厳しいとの記述を記している物は、踏み絵です。
上述の簡単な事を、ブログやコラムで然もアカデミックに政府が金融庁がと宣う事は滑稽でも在ります。

上述の金融庁云々の泣き言を云うも者は、抑々が今迄クソ高い物件コレクションとの事の暴露。
最初の物件だろうが、10棟目だろうが、今持ち込む物件が、評価との乖離が無く逆に評価以下なら犬にでも貸します。
逆に、キャリアが長くとも直近がゴミコレクターでは、過去のアドバンテージは吹っ飛んでマイナスでしかない現状。


其処で、立ち返り自己を見直し見詰め、自己の解釈の理解の事柄を注視出来れば、此の厳格化された事には、意味も在ろうかとも思えますが、懲りずに物件が安くなると買えるかな?なんて微笑んでもいましょうが、当然安くも買えない器量でしょうし、負の遺産の重しで当面は大人しく残債を減らす事しか無いのが実情かなと。


何処に行きたいのか・・・・


話は逸れますが、大勢の初心者や経験者と交わり、思う事は物件のスレ違いの不思議。

物件はお宝に見えるが、掴んだ人物が阿保で逃がす無様や、頭脳明晰だが苦行の様な物件を勇んで買う様など。

経験値や偏差値がモノを云う世界では無いのが不動産投資です。

偏差値が高い人が優秀な投資家の必須条件なら僕は即退場でしょう。
経験値がモノを云うなら、不動産屋は皆、大金持ちです。

実際、不動産業一本で食べている者で裕福と云われる年収2000万以上は10%位でしょう。
其の他は平均的な稼ぎです。

此の様な仕組みの中で、お得な物件は山程在りますが、お得で無い物件がお得に見えている方が多いので、一部の者は安泰です。

融資が皆に出ない事が良いかは判りかねますが、結果、其の事で大勢の方々が馬鹿な買い物をせずに済んでいるのかも知れませんね。

安く買う以外に勝る事は無く、簡単な事も無いと思いますが、此の事も自己の中の解釈、観念。

では終わります。

ポチってね

人気ブログランキング












スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー