FC2ブログ

04月 « 2019年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

嘘と認識と石と海・不整合の考察。

2019年 05月22日 17:40 (水)


人気ブログランキング
↑ポチっ



こんにちは。

何も考えて居ません。

思い付きで書きますと、何時もの様な事にはなりますが其れが自分との事かとも思えては居ます。

認識の事を認めて行きたいと。

認識と嘘。

嘘の本質とは、自己の発する事柄に自己が嘘と認識し意図する事で初めて嘘と云える。

例えば、或る者が自己の真から思惟する処で、石を指し示し、石を海だとして認識し、石を海と云う事は真で在り、其れを観察する者が嘘だと云う事も嘘では無く真で在るのだと思う。

石に意志を観て意識し海と為す事は、海の要素の一篇は石にも在ろうし、海の器は石でも在るので石は海とも云えよう、観察者の認識で石は石、海は海もまた真としては存在するが、其の概念の本質とは?
との問いでは本質的に海は海と云えなくもなる。

とある喧噪や疑義は、互いに上述の認識の意識の相違と、其処に互いが感じる不整合や自己撞着を抽出的に色濃く視てしまう人間の本質的性を理解が出来ていれば、畢竟的な解は認識的思索と、其の発する事柄を観察する事で、其の言葉や意識がどの方向に向いて居るのかが視認出来、どの段階なのかも容易に観察も出来得る。

認識と存在の話し。

上述の石と海の認識の知覚も儘ならない事が現代人で在るし、此の事に思索を傾け夢想しても、お金に即符合せず、此の事がお金に符号出来ない事が喧噪の論点でも在ろう。

当然、石を海と云う者の真意を汲み取れる者は、其の事に嘘を視ない。
此の理解の在る者は、嘘と云いのける観察者の認識と存在等の思索の深度の具合が観て取れよう。

認識的な立ち位置で物事を解決しようと企てる事には限界も在り、世の中は解決し得ないとの事なので、存在論が出て執成すしか安寧は無いと思え、其の用法を用い割り切り、形而上に納める事で、尽きない思索の迷路に彷徨う事よりは健全かとも思える。

抑々が、石を海を云う者を噓吐きとしてしまう者は、認識の思索もしては居ないのであるまいか?
とさえ思える。

其の事を以って、石を海とする者は、噓吐き呼ばわりする其の者と対峙した時、またもや認識の相違の根源の探索にも出るが、嘘と云う者は、幸か不幸か、其の嘘と云う真の虚像的世界から抜け出せない事でも在るまいか?

今の認識世界が当然とは云い難く、多数を為す事で正解では決して無い。
バカの様な話しだとも聴こえようが、聴こえるならば未だ良く、聴こえない、耳にも障らない事は悲境な事とも思える。

観念まった認識世界は与えられた物でしか無いが、其処で観念世界の勤勉なる者の脱皮の蛻の殻も仕組まれし観念の内。

互いに話は噛合わ無いが、社会的規範者なる勤勉者や大衆の謀反者は、結果納まる処に納まり歯車は噛み合い、此の観念世界と私の世界が成り立つ矛盾撞着でも在ろうが、其の事を私は理解もし往来的に都合よく生きるが、観察者の海は海と為す者は理解するかは知り得ない事でも在るが、怪しいとは思料する。

此処で重要な事は、やはり、自己の正体を視る事がなのだが、現実に目視出来得る事を疑えはし難い。
だが、大真面目に疑う事が真理な事と知識として知らずに死ぬ事は勿体ない事。

正直、社会に紛れても私はマトモにお話が出来、ビジネスでも対人でも一般の観念の規範で行動も不本意ながら執れる。
其の事が重要なのでは無く、観念や社会の成り立ちを探索し、真理を触る迄は行かずとも企てる術を探し、思索する事と自己の独歩の世界と此の規範的貸与された観念めいた社会を往来する事が重要で、哲学者の様に座して思念する事は、真に思念しているとはならないのでは?
とも思え、哲学は行動し社会に塗れて初めて意味を成し得え、生となり得るとの了見でも在る。

変人に視えた時点で変人でしか無く、石も石にしか観えなければ石でしかない。

大真面目に馬鹿な事を深思する事が許される事自体が幸せかとも思う。

では終わります。

ポチってね

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー