FC2ブログ

04月 « 2019年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

時間軸・熟成と腐敗。

2019年 05月26日 11:19 (日)



人気ブログランキング
↑ポチっ



こんにちは。

不動産投資の多額の借り入れについて、時間軸との関係を少し考察して思った事を自論と偏見で綴っていきたいと思います。

借入の多寡も各々の事情で異なりましょう。

純資産が潤沢になると、利回りやCFをあまり追いかけませんし。

一般のサラリーマン投資家の資産棄損等を色々と注意喚起もしますが、もともと無い資産が借入金を家賃で返済出来、最後買値の半値になろうとも、遣らない因りは何かの価値は在るのかも知れません。

資産棄損しかない、其の不動産投資も最後は、配当家賃と借入資本投資の妙味で、20年後には多少持つ者にもなれます。


僕は投資家としては物件に惚れません。
大家業としての観点は、物件に愛着を持ちますし、店子さんの権利を尊重し寄り添う姿勢で事業に当たっているつもりで居ます。

此の相容れない2つの視点観念は矛盾致しておりますが、その葛藤と矛盾を是とし昇華や消化し結論に至ります。

要は、自己の矛盾も把握出来ずに、売主や買主の心、賃借人おざなり賃貸経営など上手に出来る訳が御座いませんでしょう。
其処をユートピアに語る者は詐欺師です。


話は逸れますが、他人に批判され、違った意見を論破したいとかは、自己の退化の露呈、上位承認、自慰行為と同義。

批判は其の人の一意見、同意は対等承認仲良しクラブ。

沢山の批評を吸収し自身の糧にし、より高身になる事が健全な事かと存じます。

反駁は、折角な新鮮な情報を腐らせてるに等しく勿体無く不毛。

思考の熟成と、思考の腐敗の違いを、感覚的、情緒的に理解しない者は、人生や投資で負けるかと余計なお世話ですが、憂慮します。

他者への適度な無関心が重要事項で、己が確固たる地に立てれば、風評など何処吹く風、気に障らない事柄な筈、他者を通さねば自身の立ち位置が見当付かない方は、管見で痛々しい事でもあり自意識過剰。


過信的判断の振幅や失敗は、全ての欲が主因。

アホな人間は自慢げに口数多く語りますが、大抵堅く儲けを出す人は寡黙で上の空でしか語りません。
短文を読み解く事に因り、相手の思考を理解する。

其の様な寡黙な言葉を聴くのが肝要。

断片的視点各種の考察と其の統合的視点。                         

例えば、高額コンサル等を視るに付け感じるに、本来的に有用な事を伝えるには難しく、言葉が悪いですが、例えるに、盲人の手話、聾唖者の口伝の如く。

高額コンサルとは此の様に不毛な事。


また、借入期間30年とかの方々も多く存在し、驚いてる次第でして、20年も長いし危険だとの思いで、今の今まで15年以下の返済で不動産投資してきました。

景気のサイクルを7年とし、借入15年の半分、7年程所有でドン底相場でも買値並みで売れるとの、自己のリスク対処の拘りから15年以上は危惧。

時間軸の解釈と論法が違うのか、長期に借入してCFを厚くは、何処ぞの虚言的教科書で知りましましたが、無駄な抵抗にしか見えず、其れ以上に早く資産棄損が到来し苦しみましょう。                           


自論的用法の時間軸は中期戦略で最長でも15年、其の考えでは矛盾するような関係の長期保有のリスクにも耐えうる可能性は高いとも思っています。

30年借入の皆さんは長期戦略な筈なのに、5年、10年で売却も考える?
借入スタンスは長期保有なのに、実際に30年も保有する事を、本来ご自身が一番困難と理解している証左だとも思います。
実際、不景気の入り口たる今は買った値では売れず、6年の長期譲渡でも其の物件は残債が多く、残債以下でしか捌けないのが現状でしょう。

結局は、長期借入の人程、長期展望をご都合主義の幻想で捉え、隣の芝を見て去年の高値で小銭を稼いだりしています。
時間軸は長期なのに、思考は短慮。

長期展望と謂う思考の熟成度と加速度的思考腐敗の考察です。

日曜日はアーカイブを多用したいと思います。
では終わります。




ポチってね

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー