FC2ブログ

01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

他者の命題。

2020年 02月16日 12:53 (日)






人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

マッキー事、槇原敬之がお薬で逮捕されました。
残念ですね。世論の論調が。

マッキーは別に好きな歌手でも何でも無く、逆に嫌いなタイプですが、好きか嫌いかと、善し悪しの違いは知っているつもりです。
其の意味で、マッキーは天才の部類では在りましょう。

芸能人がお薬を用法する事は、或る種の才能でも在りましょうし、薬で其の天賦の才を更に伸ばそうとの意志も在った事でしょう。

ピエール瀧が逮捕された時は、其の世論様が発する物言いを勘案し、今後其の才能を観られないのかと危惧も致しましたが、復帰為される様子にて安堵致しました。

此の様な事が起こると、必ず、通常の社会ではクビで地に墜ちるのに、芸能人は甘いとの指摘が大衆の多くの意見を占めましょうが、自己の存在している現状を通常の社会、と理解してでの発言ならば、誠に可笑しな事で、芸能界は天才の集りで通常の社会では無いのだから、世俗的な社会通念を持ち込んでも意味は無く、CM等のペナルティ等を勘案しても数年で返済出来て仕舞う方々のする行いですから、問題が何処に所在するのかの意味が今一理解に苦しみますが、其れを真面目に世俗的汎用で凡庸な者が非凡なる才能の主に向ける事の心根は、即ち、妬み悋気でしかない様の理論のすり替えかとも診えますが、他方でも理論のすり替えと為っても居て、噛み合わない事なのでしょう。

鏡ですね。

此の事を思索する時の自己の立ち位置が診て捉えられるか否かなのかとも思います。
天才とは或る種破滅的な才能なのかとも思惟し知る処とはして居ますが、世間の大衆に認められた時に初めて自己の才に触れるのでしょうが、大衆がいるから自己が在るとも為るが、自己が居なければ、大衆に自己が存在しないとも為る。

大衆を世俗的と見下す事も容易いが、所詮は其の世俗に広く流布され肯定されて金銭も沸き自己の承認欲等の欲望を充足も出来得ても居る事も事実なのだから、世俗が拒否したらば其の才も才とも云わないとなり得る。

だが、無人島で我独り、観衆も居ない場や読み手の居ない場でシナリオを記し演じ認める事が、人として本当に出い得るかと云われれば、大抵の者は其の才を発揮しないのだろうし、才が才としての地位を確立は出来得ないとも為り、自己の才を知る由も無いのだ在るから、大衆の凡庸さは或る種の非凡さとも在り得るとも云えるのだろうから、互いの理論のすり替えは是として処理し、其処から診える景色を愉しむ事が、其の世界に於いての自己の本質的凡庸さか非凡の才の保持者かとの事なのかと推量出来る。

此処迄記していて、当然、自己は才能者は自由で在り破滅するのも自由で在るとも思い、また、世俗的大衆は多くの自由を奪われ破滅の自由迄おも奪われた者とも云えるが、破滅を許される才の者から診たらば世俗はとても自由気儘とも診えるのだろうし、世俗的な者の本質は、自由なのだが其の自由を知らないのでも在り、単に世界が違いのでも在ろう。

世俗的な至便さで云えば、日本人とマサイ族は相当な乖離も診えるが文化面では、或る意味同等となるのだろう。

簡単には其の様な事を世俗的な至便さと文化面を比較し倫理を語る事の愚を象徴するのが、上述の芸能の世界と世俗世界が融合し社会を歪に構成した事の結果なのかとも思料する。

常に極論を云う様子でも在ろうが、物事の根源を記しているに過ぎず、本質を述べているのだが、此の本質を思索する者は限られるのだろうし、僕と同じ本質に帰結する事も少ないとも知るから、結局は芸能界も通念社会も破滅する者は或る一定数値内に必ず収斂されるので在り、其の事の証左で今、芸能人や芸能人で在る事を互いに愉しめると為っても居よう。
此れも、或る事柄に付いての命題に自己の琴線が触れる者と触れない者が必ず存在するからこそ、多様な職種が存在し社会が成り立っているとの事に似る。

他者の命題を自己の命題と捉える時点で凡庸さを発揮して仕舞い、命題を自己で変遷し自己の命題に置き換え創作し独歩を理解しない事には、世の中が診えない事だろうし、診せられている事で愉しみ終生仕舞いになるのかとも危惧する。


↓ポチっ

人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー