FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

資本主義の発展的芸術の考察・資本主義の破壊と創造性・共産主義の創造の破壊。

2019年 03月22日 01:36 (金)


人気ブログランキング
ポチってね↑


こんにちは。

以前に少し触れましたが、資本主義の断片的自論を綴って行きたいと思います。

あくまでも、自論的考察で偏っている事は承知ですが、其れが抑々の資本主義的な思考な事なのかとは思います。

自身では単に、資本主義の根幹は欲望の一言でしかないのかとは思惟致しておりまして、その中で理解が視認出来るのが、世に溢れる広告と情報。

日本やアジアは、雑多な街頭広告で溢れていましょうが、それ自体が資本主義のエネルギーの視認性で、文化溢れる都市や自然調和を優先する非効率な都市には広告の規制、即ち資本主義的商業主義が毛嫌いされ、それ自体が文化の一言で商業的な事柄を超越致しており、多数の者が資本家で在りながらに非効率さを自認しながらも、文化や自然を守る事に率先して寄付や普請に費用を供出迄致します。

話は少し逸れますが、此の事は、資本主義と文化、自然界の不調和の調和な事かとも思慮し、其の文化や自然が人としての根源的不変な物と思考や損得の前に感性で拒絶や取り込みを成しているのかとも思います。

此の不調和的調和は資本主義の或る意味限界を示しても居るのかとの自論でもありますが、資本主義は行き着く処は破綻、破壊でしか在りません。

此の事を危惧する阿保が共産主義的にかぶれるのかとも思います。

兎に角、共産主義では欲望を掻き立てる扇動的な広告は存在しません。
同じ扇動でも国家主導な全体主義な宣伝で個人の趣向を満たす事は無いでしょう。

所詮は、資本主義の中の共産思想だからこそ成り立つのが文化人で在り、自然環境保護団体との事です。
共産主義には抑々、創造が無く在るのは、今ある物を破壊し労働者に平等に分け与える事が、共産主義と云う一神教との自論ですが、創造が出来ない者が作り出す物は劣悪で、上述した自然や文化を守り育て愛でる欲求と、所有欲や飽食的欲望の根源を満たす事が出来ないので破綻をきたすとの事です。

資本主義も共産主義も破壊がテーマですが、時間軸と創造性が弛まないのが資本主義との事で、共産思想も許す個人主義的な国家が資本主義との事かとは思いますし、上述の資本主義の中の共産思想の文化人に繋がりますが、逆は存在し得ません。

話を戻しますと、資本主義の欲望の表現、広告ですが、その中から創造される事が多いのが芸術面。

資本主義や金満王朝から派生し褒められる事での中で至極同意出来る事は、人類の芸術的発展です。
個人的に、今現在の先進的な汚染対策をなし得ている国々の、自然環境には全く興味は無く、温暖化や環境保護を超え高に謳う者は頭がイカレているとしか思っていません。

好き好きなのでどうでも良い事ですし資本主義内での事なら其れ自体はナンセンスでも選択の自由とも思えます、僕は自然や、環境保護に金を払う位なら芸術や美術品、寺社仏閣の普請に寄付を致します。

此の広告、欲望の発展が芸術へとなり人類の叡智の具現化とも思えます。

単に、綺麗な絵画と目に止めるのでは無く、自分自身が見えるのが芸術でも在ります。

要は、子供がピカソを見ても何も感じませんし、同じ人物でも30代の時と90歳の時では感じ方が当然違うのが芸術で、其れを感じられる瞬間が持てるのが芸術との事かとは思います。

立ち返り、芸術は欲望の具現化とも思えし自己は、其の芸術や美術品から人間の根源的欲望を知り、発展や歴史を知る事の重要性を感じ、不動産投資の学びとして来ました。

簡単な広告の事ですが、欲望の塊で情報の塊とも云え、また発展的には芸術にもなり得るのが、広告や其の素材構成の写真、スケッチ、コピー、音楽とも云えましょう。

話が長くなりますが、個人的趣味では美術品の収集が在りますが、欲望が溜まると骨董品や美術品を買います。
泡銭を手にすると衝動的に買います。

値上がり期待も多少ありますが、本来的な欲望では所有欲なのでしょが芸術に触れ、自己を見つめ自己を知るとの意味合いも御座います。

車が好きなら買うでしょうが、買うなら旧車以外は興味が出ません。

古い物の価値を見出す事が単に好きで、新しい物は好みません。

こんな選択肢や雑多な思考感情に耽る事が出来る事や立場が在るのは資本家、資本主義だからかとは思い有難い国に産まれたとも思います。

要は何が云いたいか……
情報過多、広告過多の中の自分か否か?
自己が存在し得ているか否か?
との単純な事です。

はなし散らかりましたが、此の辺で終わります。

↓ポチってね

人気ブログランキング












スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: 通りすがりさん

2019年03月23日 11:57

面白いですね。

正直、コメのやり取りの方が好きです。

何処ぞの船長は存在しか知りません、他者の記事やブログは極力読みません。

一つ云える事は、最悪に身を置いた事が無い人は弱いです。
其れが全てかとは思います。

2019年03月23日 00:43

資本主義と共産主義
冷戦終結に伴い西側陣営の勝利に終わり
日本社会主義は終焉を迎え梯子をを外され今の苦境、中国の台頭の悪夢に魘されているという識者の論調なのですが本当なんです金w

ウオッカ=コーラなんて古典的陰謀論なんかもありますが神善美と言われるある種の芸術品にも影があり若い時には圧倒され絶望もしましたね

まぁなんとか生き残ってますが
有名なナントかの漁師の心境に到達したいですねぇ まぁ無理かなぁ 人間けだもの

Re: 通りすがりさん

2019年03月22日 21:33


> 正しい物欲 特に車と女にかんして窘められましたw

男ですからね~

まぁ~気持ちは理解しますが、解りやすい馬鹿と後ろ指は御免したいですね~

お金に使われてはいけないですね。

Re: 地主さん

2019年03月22日 21:29

こんちはー

私も難しくて判らないからこその決めつけの偏見との事です。

思えば思われる……
通じない人も多いかなと。

kazuさんを見習いたいとも思いますが、思うだけで、実行はしないですw

其が自分ですからね。

2019年03月22日 17:45

目まぐるしい流行、圧倒的な情報広告宣伝、マウンティングに心が磨滅拒絶反応するんですよね。

現状、何も欲しいものは無いと、ある資産家に呟いたところ

正しい物欲 特に車と女にかんして窘められましたw

創造は人から生まれるのでしょうか。

2019年03月22日 16:24

こんにちは!

難しことは良く分かりませんが、創造は人から創られるものだと思います。

なので、

破壊も人が破壊するのでしょうね。

Re: Re:saitさん

2019年03月22日 12:27

全然失礼は在りません。

そうです。
要は、仰有る事を云いたいのですが、書いていて端折り過ぎた感は否めません。

結局は自分も破壊や産業を享受してますから、声高い金持ち文化人の悲哀を揶揄致して居ます。

有難う御座いました。

楽待ちと違い、かなり読み手を意識しない書き様でしたねw

Re:ishiさん

2019年03月22日 09:04

失礼なもの言いもあったかもしれません・・・ お許し下さい



ですが、本当にこれは考えさせられます。

プロメテウスの火の件から、環境破壊は人間にとっては逃れられない宿命のようなものかもしれません。

森を切り開き、炎を燃やし人間は文明を成してきたのです。

仰られることはここを踏まえれば、よく理解できます。

そのようのなことをノタマウいわゆる”文化人”達はその実どうなのかということでしょう。

贅沢三昧をし、高級車に乗りCO2を撒き散らし、どんどん環境破壊をしている張本人が、自分であるということを気付いていない・・・ 若しくはファッションとして分かってやっているというところもあるのかも知れない。

ドロボーさんが、ドロボーしてはいけないですよ!と言っているようなものです。

これこそ人間というもので、壮大な自己矛盾の世界に生きている存在なのです。

Re: 景色mitsさん

2019年03月22日 08:23

どもども。

終の棲み家って……

ウチの親父も良く云いますね。

地元愛が強いから埼玉の微妙な所ですが、金を溝に棄てるみたいですが、本にが良ければとの話しです。

金は持って行けないし。

金がある人は好きに使う事でしょうね。
saitざんじゃ無いですが、明日死ぬかもしれないしw

Re: saitさん

2019年03月22日 08:17

有難う御座いました。

端的に、資本主義の突き進む慾望は、止められないのかとは思いますが…

ご指摘の、環境問題も追記しましたが、言葉足らずですが、仰有る通りです。
現代世界との追記しましたが、其も、やはり資本主義の拮抗する慾望との事かとは思います、然るに、環境問題もお金になるとのベクトルが図れればこその環境問題意識の植付けや過度な誘導かとも思えます。

支那の国は最早共産主義とは名ばかりの、壮大な矛盾国会でしょうが、其がアノ国の形で其のバランスは逆に人類の初の実験場、アメリカも資本主義の実験場でしょうし。

丁度良いのは、やはり日本かとは思い纏めました。

毎度恥ずかしい妄言にお付き合い戴き感謝致します。

2019年03月22日 06:25

○○主義、○○主義と分類するのは余り意味の無いことかと思われます。

○○主義と謳っても、その国々というか民族の個性に帰結するような気がします。

只、言えることは○○主義でコトが片付く程、事象は単純ではないということでしょう。

今は亡き同級生が共産主義に被れ、熱く語っていたのを思い出します。

私から見ると滑稽で突っ込み所満載でした。

彼らは悪いのは資本家で自分自身は被害者だ。アメリカ帝国主義を駆逐し、共産党政権を樹立すれば世の中全てhappyというような赤ちゃん並みの思考力しか持ち合わせていないように感じられました。

自分自身に問題があり、そこから不都合が発生するという道理が理解できないようでした。

人は自己矛盾の中で生きざるを得ません。端からユートピアなど何処にもないのです。

共産主義のバイブルが”資本”論というのも、ある意味、壮大な自己矛盾状態を示しているように感じられます。(あれははっきり言ってクダランです)

結局、共産主義の帰結としてはバケモノのような社会体制を築いて、それが自己崩壊したようなものでした。

決して資本主義を礼賛するものではありませんが、人間の本性からいって共産主義よりは人間の本性に合ってるようには感じられます。

タテマエとしては民主主義、平等を謳いながら、その実、勝者総取りのゲームに血眼になり他人を蹴落としても、喰いものにしても上に登ろうとするのが資本主義、又それが人の本性というものでしょう。

皆一緒に豊かになりましょう・・・というのは幻想です。不動産云々も、他人を蹴落とす椅子取りゲームに通ずるところがあるような気がします。

只、これが行過ぎると諸々の問題が発生するので、社会主義的なものも取り入れて、均衡を保っている(何時まで持つかは?)のが日本の現状のような気がします。

以前、最も成功した共産主義国家は日本であると揶揄?されたのを目にしたことがあります。





ここのコラムで???という箇所がありました。


”個人的に自然環境には全く興味は無く、温暖化や環境保護を超え高に謳う者は頭がイカレているとしか思っていません。

好き好きなのでどうでも良い事ですし資本主義内での事なら其れ自体はナンセンスでも選択の自由とも思えます、僕は自然や、環境保護に金を払う位なら芸術や美術品、寺社仏閣の普請に寄付を致します。”





人間尻に火が付かないと動き出しません。

ishiさんはお若いので、かつて日本で起きていた悲惨なことは現実問題として感じ取られていないのでしょう。

水俣、阿賀野川、神通川、四日市、光化学スモッグ・・・ 海洋汚染も凄まじいものがありました。

この反省の上に日本の環境に配慮した施策が出来ているのです。

化学物質でも規制されたものは農薬も含め数知れません。

あの中国でさえ、余りの環境の悪化で重い腰を動かし始めました。

温暖化も長く生きている分、実感として感じています。

ishiさんのお金なのでどの様に使おうとご自由ですが、そこを否定するのは如何なものでしょうか?

景色

2019年03月22日 03:32

って歳重ねるごとに違うよね。
この一年でも不動産の見方が随分変わった気がします。
この歳になると終の住処を建てたい衝動にかられます笑笑