FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

境界明示=不明示。

2019年 07月07日 22:30 (日)


人気ブログランキング
↑ポチっ



こんにちは。

越境物の解消の事等。

経験は豊富に在りますが、意外と自分が思う感想と他者が聴きたいレベルに差異を感じています。

不動産は法律の塊みたいな物かとも思って居ますが、心臓が強いか知識豊富なら何とかなる物でも在ります。
色々な方々と話す機会が在りますが、聞くに連れ、危ない橋を渡っている方々も多い事。

知らぬが仏って事も在りますし、心配し過ぎて寝た子を起こす羽目にもなっている方も。

詳細は割愛しながら、物件を購入する時の注意点を。

瑕疵担保責任の売主免責の件。
此れは、場所に因りけりです。

坂の多い地区の盛り土で造成した物件等や谷埋めなどは、元の地山が現状の地盤よりも5m下とかも在り、其処にガラが入って居たらアウトで、建替え時には杭が打てず新築工事をする段階で多額の撤去費用が発生しましょう。

関東平野で、周辺の或る状況を考察すれば簡単に盛り土深度が理解出来、現況より最高でも1mも盛り土が無く、元の地山が出まして、其の下にはガラが混入する事は稀なので、大凡の撤去費用が視え瑕疵担保無しでも怖い事は無いとも云えます。

此れも周辺の或る状況は敢えて書きません。


此の様な稚拙な事も知らないのに、戦って勝てる訳は在りません。

其れ以外の自己の特性で勝負をしないと騙させますし、安くてお得な物件は買えません。

実際の知識が在れば怖くも無い事で、上述の5m下のガラや1m程のガラも撤去しないで、杭を打設したと同じ効果が得られる工法も在り、新築住宅や新築木造APが建てられ10年の保証が付与される工法も存在はします。

其の工法も此処では書きません。


次いで、境界の問題。

契約書には、売主は引き渡しまでに境界の明示をする事。
などと書いても在りますが、此処を明示しないで現況で引き渡す事。
との契約も在ります。

少し知恵も付いたオバちゃん投資家や、理屈っぽい性格のオジサン投資家等の単純な者は、境界は大事だから明示が無いのは危険なので明示は絶対と云います、境界の明示だけで安心の方々も多いとも思いますが、其の事は、本来的に何ら意味は無い事で、現況の取引の境界不明示と同義で、境界が無しで引き渡しを受けた事と変わらない事でも在ります。

境界の本質的意味の重要性はプレートのや境界杭の有無と目視では無い事。

此の辺は、書くと長いので割愛。

要は、自己の頭で考え調べて自己の解を用い要らないと意義が無いとも思いますので、具体策は記しませんし、仲介不動産屋が境界が無い時に何をどの様にして居るかの善悪は記しませんし、仮に目視出来る物で安心なら其れは其れ、知らないって幸せでも在ります。

次いで、隣地の植木の越境。

此れは多いですが、面倒な薔薇等の花が咲く時期は花期が終わって落葉期で無いと剪定を嫌う方も多い。
此の時に僕は趣味の園芸の知識が役に立ち、世間話から植木の越境の解消等や其の時の此方側の誠意を併せ、交渉をスムーズする手立てを講じます。

アホなオジサンは植木の越境は、越境しているお前が悪いと云う事を平気で宣い、揉めて仕舞い、挙句買主に隣地の方は少し神経質でって云って仲介の仕事をしない事も多いです。

また、隣地が空き家で連絡も付かない、謄本を挙げて手紙を送っても駄目な時も多いですが、対処の方法も何かしら在る物です。

また、境界ブロックの基礎の越境が在りましたが、此れは意外と知られていないですが、ブロックの中心では無く、ブロックの端が境界とされている場合、99%近く昔のブロックは基礎部分が、隣地や、隣地から、越境しています。

実例で25m程、隣地のブロック基礎が此方に越境していた事が在りましたが解消しました。
此れは目視して隣地の方に確認してもらい、基礎部分を解体しますが、多くの場合、一所にブロックも一部破損します。
此の事も此方で費用を持ち解体補修とする事に為ります。

此れは隣地の越境物の有無との重要事項ですが、目視も出来ず、公的な図面も存在しないが、相当な確率で越境は在りますが説明自体もして居ません。
仲介業者は寝た子を起こす事は致しませんが、抑々が其の事を分譲を自身で手掛けない者は、知る事も無いので知識としても知らないとも云えます。

此れを後で越境だと騒いでも瑕疵とも云えず、越境でも知り得ない情報なので攻めきれない。

此の様な余計なお世話な話も知らぬが仏、知る事でも五月蠅い者となり、咀嚼後でどの様な対処を為すかが、本質的に大切な知識の援用なのかとも思います。

また、多様な他者と交わり理解も致しましたが、本当に大多数の者が不動産に対しての知識レベルが幼稚、稚拙が過ぎる感が在ります。

本来、最低限上記の事に付き明確な回答が出来ない者は、不動産投資に参入すべきレベルとは云えません。
其の様な知識レベルでも不動産を触るのは勝手ですが、必ず騙されるレベルでしかない事は覚悟しないとイケません。

此処に業者としての性善説を持ち込む事も理解出来ますが、正直、仲介業者も総じて知識レベルが低い者が多く、知らないから最低限の調査で済ます。
懸念や不測の事態の予想レベルが低いから、何を調べれば善いかも知らない仲介屋が殆どで悪気も無い事。

要は、関係者全てが知識が低く、知らない者同士が、知らぬが仏の物件を幸せな気持ちで購入している構図です。

では、終わります。

ポチってね

人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: やっと2AKEBONO48 さん

2019年07月08日 23:15

最後の行は、確かに其の様だと思いました。
会長のこんごの展望にご期待申し上げます。

さて、取敢えず僕は今、無償でプロにも有用な事を云っています。

昨今、色々な方々との交流をとおし、知識の無さ、常識の無さに愕然としております。
此れは、幼稚園を経営するくらいに大変な事。

本当に、偉そうな事を云っているオジサンでも何も知らな過ぎて笑えます。

其の一助にかかわりたいなとも思いますが、難儀な事は理解します。

やっと2

2019年07月08日 18:04

遅くなりましたが、コメントさせて頂きます

おそらくですが、自分の商売に繋げる目的でブログを書いている人以外は、きっと仏のココロでやられているのではと

商売の人の善し悪しでは特に異議はなく、それ以外でブログを書くという行為は結果として仏であると思えます。

もちろん全ての弾が届く訳ではないですが、どこなのタイミングで届く人には届きます。

私は自分が届けるにはなり得ないので、せめて届ける人達と、必要とされる人達の距離を縮めるのが役割かと思ってます

Re: 地主さん

2019年07月08日 12:52

www
ペンキ楽しかったでしょう~w
何かのえんでしょうからね!

此のコメもコラムにできますね、真面目に。


知らせる仏・・・・

僕はコラムニストの或る方には、直接云いましたよw
自己の特性が理解出来てはいないのだろうし、常識的な根本がなってないから、投資の前に人生を見直す事が先では無いのでしょうか?って。

自分で何も出来ないで、助けを借り居るのも悪くはないですが、多額の借金が出来る時代だったら間違いなく自殺ものな知能では?ともいいましたね記憶では。

実際、厳しさは優しさだと思って居ますから。
見込みの在る者には手ほどき出来ますが、其れ以前の問題の者には手の施しが在りません。
僕が助ける事が出来るのは不動産だけで、人生では無いのだから。

Re: 一発屋大家

2019年07月08日 12:42

自分なりの何かが所在する事が要諦でも在りましょうね。

単純な人も多い事なので其れは其れですが、物事には本質が在ります。
本質と診ないと失敗にはなる事も多いですから気を付けたいモノですね。

知らぬが仏と知らせぬ仏と知らせる仏

2019年07月08日 08:29

おはようございます。

ペイント塗り塗りしてきました!

知らぬが仏
最近、知り合った大家さんの物件スペック聞きますが、やばい順に
・糞物件高値掴み
・糞物件を相場や少し安く買い
・良い物件を高値掴み
・良い物件を相場付近で買い

肝心の
良い物件を安く仕入れた人
は本当に極僅かです。大体は、本人も気づいているのでその後は少しマシな買い方してますが、初期段階で買った物件の優劣。知らぬが仏で完済まで耐えてもらいたいです。

知らせぬ仏
そんな彼らに知らせないのは仏なのか?迷う時はありますが、僕は聞かれれば正直に歯切れ悪く伝える様にしています。大体は高値掴みか資産価値の低いものだなと。
ただし、言わないでももうそんなに無理して買わない感じで時間が解決してくれる程度の場合は知らせないで良いのかもと思います。

知らせる仏
嫌われるかも知れませんが、物件の優劣よりも、その人の不動産との向き合いかたがまずく、不動産投資に向かないなと思う人には辞めといた方が良いよ?と言えるか?まだ、言えません。涙



人と人の境界

2019年07月08日 05:29

いつもブログありがとうございます。

境界につきまして、
「杭を残して悔いを残さず」とか楽しいことをいう人もいますが、
個人的には、杭そのものは全く信用していません。

杭より、マンホールや歩道にある公共基準点から
測量図を復元可能かどうかだけは気になります。

気にすることそれ自体、中二病の絵日記相当にて困ったものです。
悪気がないのが幸中の不幸です。