FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

塵芥的理論の短慮と原始の人。

2019年 07月11日 13:20 (木)



人気ブログランキング
↑ポチっ



こんにちは。

さて、書くネタはどうしようかと・・・

書きたいから書こうと思いキーボードを触るが、途端に何かしらの書くイメージは出る。
出るのだが、書いていて酷い有様なのでお蔵入りが1/2な感。

下書きは相当数に在るのだが、陽の目を見ない事や、大幅な修正を重ねても居る。
どうやら、読み手の理解を気にしても居るのだろう自己も確かに在る。
気にせずとも良いのが日記なのだが、他者の目に晒している事を選択している時点で、何かしらの承認を得たいとの事は間違いは無いのだから。

要するに、本来の日記を書こうと思って書いた物の大半がお蔵入りなのだ。

逆に云えば、他者の眼に晒している物は、本来の日記では無く、作品で在り、出来事としての事実は存在しても、自己の感情は相当に押し殺し、本質は在っても本音は其処には無い。

余所行きの自己なので在ろうかとも思料している。

だが、世の中人類とは、其の感情や思考の塵収集車的な中で撹拌されて出でた一つの結論も肯定的で受容し易く、親が子の将来を危惧し、また、際立つ事を祈念夢想する事に同等な構成にて、其の事は、此の対立や仮想を為す世では、正しく健気でもでも在ろうとは思う。

何が云いたいかは、単純で在る。

人の差別意識の事に他ならない。

差別は皆が当然に持ち寄る勘定で感情でも在ろう。

勘定と感情で在る。

此の事は、生きる為には不可欠な作用で在ろうとも思案するが、其の様は同じ同種としても同定を探り得ず、我が思念とは相容れない。
勘定は感情から発する起源で在ろうと診て執れる事。

視られない事は其れで善しでも在るが、其処には塵芥的稚拙な理論で撹拌された憎悪な勘定の感情が作用存在し、其の事を持ち寄らない者でも、否応なく自己に見合わない勘定を手にし喰らってはいる。

塵芥的な撹拌の中の大多数の結との事は、即ち、社会の常識の事で在るが、其れは同種の中で生きる挨拶で在り、無駄な争い弱者生存の類では有益で、弱者を産み育てないと、強者の別も亡くなるのが人類の高度な生存の構成なので在ろう。

全ては解釈の問題でしか無いとも思うが、差別の構成を感情として発する者や受容する者と、塵芥的倫理観の論理で構成し結とする者と甚だ隔り在りと感ずる。

前者は今では古典的な人で在ると分類されるが、人は不変な感情も持ち合わせるとも思料している。

此の事は、単に、人が人を科学してきた事に於ける真価の進化なのか対価の退化なのかとも診える。
要は、と或る事象では賛成で在るが、自己に矢が向く事には反対に回る回路に似ている。
争論賛成、各論反対とも云うのだろうが、或る差別に対し遠い事ならば誰しも差別は反対なので在るが、隣にまた自己の中に入り込む様子なら耐えられない事で同種の事も反対には為るのだろうし、為る事が、人の原始の有り様で本能なので在ろうとは思う。

だが、其処に立つ向かう様な塵芥的論理学者の気の狂った者が存在しないと、差別の対象が滅亡し存在も叶わなくなり、人類にとっては本来的に本末転倒にも為ろうし、結果の多様性も構成出来得ない事かとも思う。

原始的な人類は、此の事にも当然理解をして居て、塵芥的倫理観では無く、本能としての共同体論が在ったのであろうとも思料するが、今の其れとは違い相当な割り切りと野蛮さが在った事は否めないが、本質的な最小限の一定の歯止めは本能として存在したのだとも思う。

抑々、人類に存在する事や物の中で本質的に不存在な者や物は存在しないとは思料はし得ている自己も在る。
なので、現代に於い永遠に無くならないモノは存在の価値が一定は存在し、滅する事の不安を解消も出来ない事でも在ろう。

知性の鎧で着飾っても、男には滑稽な男性器が存在し、女性にも薄暗い迷路の様な女性器が存在し、自分の妻子が殺意されたら、犯人に死を以って償わせたいとする事が本質の感情で、原始から受け継ぐ人の普遍的姿。

其の感情を法と云う勘定で清算させ居るのが現代で在るのだが、其処の感情と勘定の差異に苦しむ事が多い。

此の勘定を割引くシステムを人権と置換して流布し固定的な事にして居るが、其の事が差別に暴露になり現代人の世では本音を云い辛い構成を為しているのかと思う。

嫌いなモノは嫌いなのだが、其の事は無学無識の短慮とされ、本質的短慮の塵芥的理論を持ち寄る学者が対岸の火事と決め込んでしか云えない見誤った人権的権威と、支持する大多数の大衆に、殿様は裸だと、間違いを大きな声では云えない伝わらないのが現実。

云いたい事は当然で理解も出来得るが、所詮は他人事と感が滲み出て其の事が短慮に繋がり説得性には欠け自己には響かない事で捨て置くとの自論。

差別が在り、葛藤しジレンマが存在するのが人で在り、全て取り除いては成り立たない事が大前提な本質で在ろうとの事で、一義的な塵芥的倫理者の感情もまた許せる範囲内の事で何かしらジレンマを診て執るには格好の材料とも思う。

具体的な、ああだ、こうだは、アレですからアレします。

終わる。

ポチってね

人気ブログランキング





スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re:地主さん。

2019年07月12日 22:25

おぉ~
伊達に一年以上僕の文章を読んでいないとの事ですね、有難う御座います。

ご指摘の様に、僕も其の様に思っていて、書く筆は進みました。

意外と上手に纏まった事とジレンマを記してもいますが、本音の様な余所行きのようなですが、伝わって良かったです。

難しいことは分かりませんが

2019年07月12日 21:38

こんばんは!

気がつくと、二本溜まってました!汗

今回は正直ishiさんらしい気がしました。上手くは言えませんが、これまでのものとは全く違います。

ご自身の中のジレンマと対話しているかのようにも感じ、裸の王様へ伝えるべきか、それはそれでヨシとして傍観するのか的な。

良く分かりませんが、

これまでのコラムで1番文学的文章を読んだ気がします!

Re: AKEBONO48さん

2019年07月12日 11:33

読み解いて頂けて有難いですね。

多くを語ってもアレですが、喧嘩って本質を診ない事から生じる物かとは思います。

危うきに近寄らずですが、手の平を返す者の予感も多少有れど、確度はまだまだな感で、阿保を引きます。

差別はイケないですが、手を指しのべれば善いとも限りません。
難しい事では在りません。

嫌いでも、誰かが助けたりすることは間違いない。

其れが多様性ってヤツでしょう。

広義に皆違って皆いいですw。

センター試験突破か!w

2019年07月11日 19:12

今日のテーマの方がコメし易いかと安易に踏み込みますね

他人がケガや苦しんでいる姿を見ると同情する感情が湧くと同時に、あきらかに異なる集団に属すると判断される場合には、快感に近い感情が湧くものらしいです。

卑近な例だと、スポーツのユニフォームや学生時代の他校の制服でしょうね

その遥か延長に人種がありますが、太古の時代に異人種と出会うのは稀かと思い、やはり異なる母集団には差別的な感情が湧くのでしょうか

トランプさんが大統領になるように、原始的な感情は強く、それを前面に押し出しているような国、集団は単純に強いもんでしょうね

理性や知性はうわべであり、やはり野生が強いのかと思ってます。

私には差別の感情はありません!と、その主張が既に差別だと思い、素直に自分にもその感情があると認めた上で、自分自身とどのように折り合いつけるかが大切だと言い聞かせてます。

真面目な話も、不真面目な話も、しだすとキリないですが、こうして2.5次元の交流の愉しさも感じつつある今日この頃です笑笑