FC2ブログ

07月 « 2019年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

名言の解釈と書籍。

2019年 07月19日 10:03 (金)


人気ブログランキング
↑ポチっ



こんにちは。


愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。

此の事を聴き違和感が在る者も多いかとも思います。

簡単には逆のイメージ。

其の事の理解で知る自己の内在。

違和感が無いならば其れでも吉でしょう。

本質は表面の理解し易い言葉では無く、其の裏側の足掻きの理解。

短慮な者は善く、偉人の言葉を野菜の見切り品の如く使うが、其の事自体が、其の者の短慮を端的に表し、事の本質を理解解釈等一切出来ませんと暴露してるに過ぎず。


経験から学ぶは、大抵は成功や失敗事例を指して、成功の再現性や負の同じ轍を踏むな的な戒めでも在りますが、失敗も成功もしない経験する事も経験で、在る事をしない事で必ず失敗も成功もしない事と云う意味なのだが、此の事は人間忘れがちで在り、此の事を経験していても経験と捉えられずに、他者の教えの中に此の事が在っても感謝も無い。

例えば、道端のゴミを拾い、ゴミ箱に捨てる行為を、自発的や他者が提案をし其の事を受け入れても、得にも損にもならず感謝の気持ちが浮かばないが、其のゴミが起因し娘が死んだら悔やむ事だろう、此の事は想像力でしか無いが在り得る経験であり、仮にゴミを拾う事で娘が助かっても因果関係を理解しない者には、拾わなかった事で娘が死ぬ事の因果も理解出来ないので、どちらに転んでも気が付かない事を経験する事の重要性を云いたいのだ。

人間、逮捕されると困り其の事を助け釈放の手伝いをすると感謝もするが、抑々、逮捕されない様に助け諫言して実行しても諫言者への感謝は薄い物だ。


此のゴミを拾い捨てる簡単な経験が本質的な体現で在り、得にもならない体験を重ねた結果が賢者で在り、其の延長にたまたま金銭が重なっただけの話しで、根本的本質の思索を割愛し表層の金銭嵩に眼が行く事が愚者との位置付けとも云え、また、此処で云う本質的愚者とは経験を経験と感じない、思えない者との解釈で在るとも云え、其の事が解る者は経験から学ぶ賢者となる。


また、歴史に学ぶ本質的愚者は、他人の歴史的経験を盗み再現性を見出し示唆とするが、此の事も歴史の勝ち負けから学ぶのでは無く、本質的な根源の大衆の愚を学ぶのが賢者との事で在ろう。
歴史の中心は常に大衆で在るが、事の成功の捉え方だが、フランス革命で王権を倒したは良いが、所詮今の現状は壮大な農業大国でしか無く日本のテクノロジーを凌駕も出来ない国に成り下がっている。

此れは真実と事実の違いとも捉えられる事なので、歴史に学ぶ事は大衆に学ぶ事と成り、大衆は間違うので勝ち負けの問題が本質では無く、大衆的決断の革命等は多くの事柄は間違えとも捉えられるとの事でも在る。

因って、歴史に学ぶのは愚者で在るとなる。


整理して補足的に謂いなおすと、

「愚者は経験に学ぶとも云うが、其の成功と失敗の体験を指す事を経験を云うのならば愚者と云えるが、本質の経験とは何も得られない経験を経験とする事を経験と云い、其の事が本質の経験との事で在ると思念出来得る者だけが賢者で在る。」

「賢者は歴史から学ぶとも云うが、其の歴史は、扇動され大衆迎合した事との歴史的時事は在れど、大衆の決断は常に間違う物と思わざるを得ないので、一義的歴史的事実を学ぶ者は大衆の中では賢者なので在ろうが、本質的には大衆の一因とした時点で愚者となり得る。」

解釈は何でも善く、と或る言葉に何か隠されては居まいかを思索する術と洞察を以って世に対峙しているかとの事でも在る。


「誰もが自分自身の視野の限界を、世界の限界だと思い込んでいる。」

此の言葉も或る哲学者の言葉ですが、仲間大好き大家が云いそうな事です。

一義的には、とても可能性のあるポジティブな意味にも捉えられ、世間を狭くしているのは己で巨視的に観れば世界は果てなく続き可能性は無限大って、正しく漫画ワンピースですね。

まるで逆の意味と解釈しています。

此の意味する事は、貴方達、誠の大衆は社会通念に迎合して、信じれば道は開けると云うが、其の事自体が人間の生きる希望と知っている悪人や宗教家の誘導と大衆の渇望的希望の性と欲でしか無く、全ての世界は虚像でしかないのだから、其の世界自体を疑い自己で創造する事が要諦なので在るとの意味かとは解釈します。

要は、此の事を云う、薄っぺらな指導者等は意味も理解出来ず、上辺の解釈で空虚な存在だとの暴露に過ぎません。

此の事は、著者の人となりを窺がいしれれば理解出来ます。
要は群れる事を好む者は、自己の内在が空虚で貧相だからとの事で、其の悲哀を揶揄しているのだと解釈出来ます。

芸能人のエッセイの中の善い言葉はストレートな言葉で表裏が無く、其の解釈で吉ですが。

哲学者の言葉の意味は表面の字面では理解不能で解釈も誤りな事も多い。

要諦は、此の本稿の解釈が間違いか否かでは無く、自己の頭で思考し創造を為し得ないと何かしらで成功は無いとの思いとの事で、成るほどと感心していても本質的に学びにも成らず事。

不動産投資も相当な学びは在りましょうが、言語を覚える事以外に書籍の内容などは過去のゴミで著者のお節介な自慢と虚栄心しか無いのが実情だと思い読む物で、此の大家はこの辺が育ちの悪さが見えるなとか、勉強しか矜持が無いシミュレーションオタクの理系な人だとか、字面の内容、其の物を読み込む愚は避けましょう。


赤川次郎は、事の成り行きを読む物。

太宰は、深意や云わんとする事を読み解く物。

実用的不動産投資本は、書く者の隠している失敗や性格的な拘りと、その本の内容の逆説的用法を探り、また人間観察的な物だとの捉えで視る物で読み込む物では無い。

哲学書は、全ての成り立ちを一端全否定し自己の内在する何かと対話し、内在や存在を変容せしめる試みを為し其の思索や体現的所在を得えようとする物。

では終わり。

ポチってね

人気ブログランキング


スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 地主さん

2019年07月22日 18:12

昨日今日は疲れました。

この日に限り忙しくてw

まぁ、他者を気にし過ぎると、所詮は自己が無くなり、精神が壊れます。
生得的な事で、トリガーなどは後付けの理由でしかない。

全ては、贖えない。

馬鹿は死ななきゃ何とやらw

ケセラセラ。

少し私信的になりますが

2019年07月22日 04:45

こんばんは!

読みながら寝落ちし、息子のトイレに起こされてコメします。

本コラムを読んで、最近、ishiさんの周り(周りと言っても近い訳ではない)で起こった出来事を知っている僕としては、思い出すのは別のコラムで書いていた、

有償の愛
無償の愛

に対する人々の反応から、ishiさんはお金を取らずに助けることがあり、見返りに少しの感謝を得るだけで良い。的なお話。


人は
有償で得たモノに対しては感謝をせず、
無償で得たモノに対しては感謝を忘れる。

故に、
僕は感謝されたいと思わない。

ただし、その一方通過的やり取りで終わる関係では人は人から得るモノはない。

経験と歴史について、

僕はラクマチで実践コラムを書いている訳ですが、僕は他人の考えを否定したり、他人の経験談を語ることは絶対にしていないつもりです。

あくまで、自分の経験した事やそこから自身に内在する自身の歴史から生じる考えや意見を綴る。

セミナーやコラムで、
他人の事を批判したり、
他人の事を分析したり、
他人の事を褒めたり、
他人の事を馬鹿にしたり、
他人の事を気にして詮索したり、

他人の事を我が物顔で語る愚者

そんな奴は、どれだけ周りがチヤホヤしようが、空虚であり、

そんな奴を妄信、盲信してしまう大衆がいる。

チ○コのある大の大人が、中二病である事に気付きもせず、そのつまらない人生の中で常に脇役にしかならなかった空虚な人生を埋めるかの如く、

不動産の知識も大したことがないからか?

プロの癖にプロにも慣れない中途半端な生き方しか出来ないからか?

他人の歴史で

自己の承認欲求を満たす少年を見るにつけ、

腹の出た小さな少年にしか見えないのでした。

しかし、
中二病どころか、少年のままの僕も、そんな輩を見ると未だゲンコツを食らわしたくなる衝動にかられてしまい、

色々と思うことがあるのでした。

おわり

Re: ジュニアさん

2019年07月21日 21:35

此の事も完全な独善でしか無く間違いかも知れませんが、間違っても鵜呑みに仕手
知ってる振りよりは良いとの事で記しました。

自分でも謎でも在りますw。

2019年07月21日 19:17

こんばんは~

どんな賢者のいうことも、歴史上の出来事も他人のフィルターを通した伝聞ですよね。

自分の目で、耳で確認したことを事実として、自ら判断することを大事にしたいと思いました。

Re: saitさん

2019年07月21日 08:40

自分の事を棚に上げてモノを云いますし、自戒も込めてますが、他人を気にしないで生きて行きたいなとは思いますね。

これ全て、他者への羨望の害悪。
民衆の所属の安心って安っぽいと思えないとともいけませんね。

YouTube有難う御座いました。

大衆は常に間違う・・・

2019年07月21日 04:25

そうですね・・・

この日本の情況を見ると正にそうです。

というよりも、民衆主義の帰結は結局、衆愚であり自分で墓穴を掘っていることが解らず、後から泣き言を言っているのが、現状でしょう。

年金問題で、2000万云々で大騒ぎしていますが、目先の効いた人なら、どうってことないようなものでしょう。

”人間の生きる希望と知っている悪人や宗教家の誘導と大衆の渇望的希望の性と欲でしか無く、”

そういえば、昔こんな歌https://www.youtube.com/watch?v=HgW5KUyJarwがありましたね・・・

”酒は美味いしネーちゃんは綺麗”か・・・

いいように見えても、それが不幸の始まりということは、往々にしてあるものです。

Re: AKEBONO48さん

2019年07月19日 22:23

長い承認欲求有難う御座いましたwww

此のシリーズで冨田さんの1番はやはりモンロー主義主義が最高に良く出来ていました。
仕事しないで考えたのでしょうか?w

秀逸な返しでコメントを読んでいる人にも楽しめた事でしょうや。

さて、サカキバラで想い出しましたが、此の事件を予測していたかのような書籍が御座います。

僕と同じような其の首の主は僕と同じ様な大きな仏塔の持ち主なのですが、少年時代・・・・僕も未だ中二なのでしょう・・・
此の著者が生きていたらノーベル賞を取っていたのでしょうか?

金閣寺に放火した冨田さんはどのような見解でしょうか?

少し横ずれ勘弁です

2019年07月19日 21:57

黒木様
こんばんは^ ^
英太郎です
一日一コケで頑張ってます

いつもながら深く染み込ませないとコメント出来ないブログをありがとうございます!

エデンの西の反対からコメントしたいとこですが、古都の痛ましい事件も鑑み、部分的に刺さった文とひとり言をコラボさせて頂く無礼をお許しください。

>人間、逮捕されると困り其の事を助け釈放の
>手伝いをすると感謝もするが、抑々、逮捕さ
>れない様に助け諫言して実行しても諫言者へ
>の感謝は薄い物だ。

若い時分に住込み日払いトビを少し経験
朝は5時にワゴン車にのり、14時間後くらいに野宿と大差ない寮に戻る生活

14時間の拘束後に夜間の仕事に駆り出され
場所は亀有駅駅近くの当時の都銀屋上ガラ撤去

銀行勤務が終わる時間までワゴンで待機してましたが、若いエリート行員から何をしてるのかと詰問に先輩がしどろもどろ

開始まで時間あるのブラブラしてていいと、
コミュ嫌いだった僕はひとりで亀ブラ

歩いていると、屋台のオヤジが何やら
「兄さん、今日はどうしたんだい?」
初めて街なのに、普通に話しかけられ、とりあえず夜の作業待ちでブラブラしてますと
「そっか!おっかねえ顔して歩いてるからよ、ケ○カでもしに行くのかと思ったよ」と
少し笑って話して現場に戻りました。

その数年後に神戸で中学生による連続殺○の評論家のコメントを読み、もっとも納得できたのは、相手を滅ぼす本能は人間は持っている。戦○をみればわかる。それを身近でしないのは、本人を取り囲む世間があるからだと

誰かの余計なお世話で、世の中の片隅に灯火で照らす事ができるなら、誰にも分からない程度にやれる事はやりたいと

数十年の時を経て、ジャンルは不慣れな世界ではありますが、目立つことなく、予測できない事態を防ぐのも、悪くないなぁと思います。

カリスマ性、持ってる人を支えるのは好きな方です^ ^

Re: ブックさん

2019年07月19日 21:34

相当な違いですねw

映画監督、素晴らしいモノ有難う御座います。
才能は各々の中にある物ですね~

No title

2019年07月19日 12:21

アフォリズムとアホリズムって紙一重。
実践コラムの賢者は…ゆうちゃんですね!
賢者ちがいかもしれませんが