FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

戸塚ヨットと鬼ヶ島

2019年 08月03日 14:04 (土)


人気ブログランキング
↑ポチっ



こんにちは。

何だか先月は色々と面白い事が身の周りに起きていてラインが五月蠅く止まりませんでした。
まぁ、僕は身から出た錆の様な事ですし、体質的に悪口等や陰口には慣れていて気にも止まりません。

要は、此の事は鏡。

僕は、勘違いだろうが自己の中で正しいと思う事に付いて、結果、他者の悪口に為ろうが平気で厳しい事も云えますが、翻り自分が云われても一顧だにしません。

気にし過ぎは体に毒です。

他者の事等は糞程にか思って居ませんし、自己が一番可愛いとの事。

自己愛にも多種性が存在するとの事なのでしょう。

他者からどの色眼鏡で診られて居るのかを気にやむのは闇で病む。

常に云いますが、無人島に一人で漂着しても生きて行かなばなりません。
其れが還って好きな生き方な僕でも在るのですが、社会性が強い者は無人島の事等を想像し生きるのは阿保かと思うでしょうが、逆に生きたい人も居るのも事実。

良く思いますが、此の様なサバイバル馬鹿は脳ミソ迄サバイバルですから頭が悪く、社会性は無い事も多いのでしょう。
方や、社会性に浸かって生きる者はサバイバルな事の忌み嫌い、卑下もしましょうが災害時に我先に普段馬鹿にする存在の自衛隊に縋る事でしょう。

偏りが大いに存在するとの事を云いたいのですが、要は、幸せ過ぎるのが要因な事でしょう。

以前、戸塚ヨットスクールと云うモノが存在して居ました。

命の尊さを知り、生きる力を云々カンヌんとの触れ込みでしたが、此の事も偏り過ぎる戸塚さんの矜持と、偏り過ぎる社会性が強迫観念的に強いが、親の義務を履き違え本質的義務の放棄が招いた悲惨な結果との事例でした。

物知り博士と本質的に物を知っている人とは、肝心な処で相違するとの事でも在ります。

要は、良く言う本質論です。

本質論も切り取り次第って良く云っていますが、根源迄行くと宇宙の話しになり議論に為らず、煙に巻かれます。

其の一定の見極め線の是非の検証的思索の不調和で意見の対立が存在して仕舞うのが本質なのですが、其の本質を理解しているのならば、意見相違を論壇に上げても問題は無いのですが、其処迄に思索し瞬時に物事を発する者も少ない事情から、論争紛争が出、誠が虚偽に嘘からでた誠にも為る至妙。

簡単には、感情で物を云っていては後に謝罪する羽目になるとの事でも在り、また確証的な発信でなくてもで誠だったり致しますので、見当違いならば素直に非を認める事が肝要。

かく云う僕の人生は謝罪の連続です。

今回の、と或る事象も僕が発端な部分も相当に在ったのでしょうが、何よりも近しい者を巻き込んだのは意図しないバタフライエフェクトで、本当に人って感情の勘定は銭が合いません。

人間、趣味趣向が似通う者や共通点が多い者を診るに付け同調を感じ、其の者に取り入りたくもなるのでしょうが、其の是非は脇に置き、正直、僕が堅い同調を感じる者は少ない。

本質的に多様性を多様性と捉えるのならば、同調を感じる事自体は多様性を多様性とは捉えてはいないとなり得ます。

此の辺も理解し辛い文体なのでしょうが、真剣に解釈していてはイケません。
斜めに読んで理解出来ない者は一生理解出来ないって事を云いたいだけで、赤尾敏と宮本 顕治、産経と朝日、程に乖離が存在して仕舞うのが事実。

同調を感じて仕舞う事は或る意味で、其の者が其の事で救われるのならば意義も在る。

何かは違えど、僕が興味が湧くのは好感な同調では無く、嫌忌する物や者や事。
要は、嫌いの同調と共感を診、同じ趣向や好きの同調は捨て置くのも、心理を窺がい知る用法。

褒められた事では在りませんが、嫌いな物や存在が共通ですと話が盛り上がりましょう。

僕が不動産のブログの事柄で、書く切っ掛けを為している根源は、不動産投資で嵌める者や危険な用法の諫言でしか在りません。

稚拙な投資家を守ろうとは思いませんが、騙し撃ち的に嵌め込む事は同業者なら未だしも、無免許のコンサルや少し時流に乗った講師如きが危険極まりない事の用法等を

「俺にも出来た!次は君だっ」

的な事を流布するに10年早いのでは?
って感じる事が多く、其の事に揶揄的に弄りたいから書いて居るとの事。

なので一切高尚な思いも無く、気儘なオジサンの日記でしか無い存在です。

また、根底に在る事は自己言及に於いての自己の鳥瞰性の独立。

此れがオジサンは出来ないので、書く事で戒め、自戒を為して自己に課す苦行でも在ります。
面倒なので、辞めたいのですが、何かしら書いて居ると苦行的に有難い事に出会えるのではないのでは無かろうかとの自己愛からとも云える行いです。

書く者は所詮、自己顕示欲や何かしらの欲に囚われている精神的囚人です。
其の事を含意し解釈出来ない者は本質的にセミナー等に行っても意味が無いので在ります。

行くのならば自己で戸塚ヨットに体験入学の方が余程為にはなる事かとも存じます。

書く事で何かしらの表現をしたいならば、横断的に本質的な多様性を理解し書く事が望ましく、其の本質と鳥瞰性の理解の無い者に限り自己の危険な用法を流布し悦に浸っていましょう。

書かずにお金を払い勉強をする者は誘導的な講師の意図を理解しないとイケない、其れが書かない者の苦行。

親は子を想い、子は親を見習う、鏡、子がした事は親に帰結する。

オジサン達が疑似親子で如何なモノかとは根底に所在していますが、救われているのならば他者には関係の無い話。
所詮は堂々巡りでしか無い。

また、キャラと実像と実像と実情の遣い分けの理解を為し得ない事には不動産投資で多くは望めません。
此れも含め目に映る物は虚像でしか無い。



考えを纏めず書き出しましたが、今回の事で印象に残り有難かった事は、自身は大家が本分で飯の種で在るのだと再認識した次第。

各々、鬼退治に行く鬼ヶ島への道は違えど、本懐は一緒なりて、寛恕の念を持ち対処せねば度量が知れましょう、互いに。

知らない人は何のことやらですね。
正直、僕も何の事やらで他人事の様子でも在りますが、経験としては面白いとの事。

また、お互い誤解から招じた事が、ざわついた根源なのでしょう。

身内は頼もしいが怖い事にも為りかねず、物事は常に表裏だとも再認識でも在りました。

お互いに気を付けて行動致しましょう。

終わり。

↓ポチっ

人気ブログランキング





スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 嫌悪の一致

2019年08月05日 23:58

色々在りましたが、これ以上は無用な事です。

騒ぐだけ意味は無い事。

今後に生かしましょう。

Re: 最前線

2019年08月05日 23:45

何のことやらですねww

全く以って僕も謎ですが、単純にボタンの掛け違い的な事と僕は割り切れますが、其れでは収まらない者も多く、また、内部の派閥的な事やプライドの交錯との事で、簡単には組織の縮図。

僕はその様な事が嫌いなので不動産投資家として、一人で生きてきましたから、群れの怖さを改めて感じた次第。

要は、群れと群れの悪口合戦で、お前の母ちゃん出べそ~って云い合いですねw
終始笑えましたが。

ど真ん中の当事者でしたが、所詮此の場はの僕は他人ですからww

最前線

2019年08月05日 22:34

実際、何のことやらのままのコメですが…。

ここ(この職場)は最前線なんだと檄をとばして並んで平手打ち!そんなことを思い出します。

そんな働き方は見えにくい現在ですが、業界によっては本質まあ何も変わりはしない。

翻って、コラムでそんな表現はなかなか際どい? 

どこまで行間を読もうとするのかと言うのもあるのでしょうが、求めてるモノだけ性急に求めてる?

前回のコメに言葉足らずと感じる自分もいたりして、それは前提抜きの内容だから?

ここのコラムは気儘だろうが何だろうが、それなりの配慮が十分にあるような。

日本で多様性を実際求める人は少いぞと(大陸のように多様性前提じゃないから?)。議論より同じ意見かどうかを気にするのが常。

避暑から戻ってみれば世間は忙しいと思いつつ。

嫌悪の一致

2019年08月05日 22:13

電車の中で激しく頷きながら、読んでしまっていたかもしれません笑

敵の敵は味方とも言いますが、
政治もビジネスも夫婦仲も、
嫌いなものが一致しているだけで、
割と上手くいきますし、
希薄にはなれど続きやすいなと
思います。

色々、思ったり、反省したりしました。

多少の違いがあるのは当たり前、
各々が好きなやり方でやればよく、
ぶつかることはあっても、
喧嘩までする必要は無いですよね。

Re: おつかれさんです!

2019年08月04日 20:46

何が何だか判らない事態でしたが、全方位的に噛みついているので、構って欲しく観えたのかなぁ~
僕は嫌いな人はあまり居ないのです。

嫌いな事が多少多いかも知れないが。

土曜日、有難う御座います、エアコン無いから地獄かもwww

おつかれさんです!

2019年08月04日 14:03

ここ数日はお疲れさまでした!

ことの発端はさておき、少しでも引っ掛かるものがあれば、それはいつか起こっていたと思うし、もっと大変な事態になっていた可能性もあるので、遅かれ早かれだった事でしょうね

いろんな人達が関わりましたが、考え方や行動や発言は、他人様なので制御は出来ないと、自分が後悔なくやれる事をやるのが良いんだろうなぁと思いました。

土曜の塗装会で私は下手な塗り方しても、悔いはないので怒らないでくださいね笑

Re: 一緒になることの意味と無意味

2019年08月04日 11:07

此の10日程度の事は色々と思う事が在りましたが、各々の考えが如実に出ていて面白かったなと、不謹慎ですがw

なんでも経験ですが、そうですね、鏡でブーメランなのです。
結果、何処かで止めないと際限が無くなりカオスです。

終わった事は想い出、未来は当て推量の自己に有利な希望でしかない。

何かを得る事は何かを捨てるとも云えますし、逆も又然り。

一緒になることの意味と無意味

2019年08月03日 23:38

こんばんは!

ここはあえてコラム的に表現をば。笑

ishiさんは誰とでもうまく付き合えるように思いますが、実は僕もそうです。基本守備範囲が広く、誰とでも表面上は仲良くはなれます。

ただ、書くことによる業界?においては、僕は大家仲間も投資家仲間も求めていなかったので、気がつけば気の合う仲間(友達)を探していたのかも知れません。裏返すと、友達は多くなく、尊敬する人でなければ友達になれません。

ガキの頃、大げんかした方が親友になったりしました。

本文を読むことで思い出したのは、

ishiさんが僕を正反対

と表現したことでした。

まあ、人は本質的には変わりませんから、それでもこうやってご一緒出来ることは磁石の±でしょうか。お互いの表裏がまた±なのかも知れませんし。

何だかんだ、書き始めて時間経ちますが、色々あるものですね。汗

でも、本件の一人一人の行動は僕にとっては無茶苦茶大きな出来事でした。全ては鏡でブーメラン。悩んだあの3日間は忘れません。