FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

カボチャの馬車と百姓大家。

2019年 08月22日 18:19 (木)


人気ブログランキング
↑ポチっ



こんにちは。

昨日はお休みで、子供も夏休み。
其の都合で国立西洋美術館に赴きまして、松方コレクションなる企画展示を鑑賞してまいりました。

興味の無い人にはどうでも善い事でも在ります。

今回は、子供を連れ立って行きましたが、上の子は興味深く鑑賞していて、下の子は適当に見まわし飽きて仕舞っていたいた様子。
此の様に、興味の深度と鑑賞度は比例する。

上の子は、ハイハイしている時分から今を想像も出来ましたし、下の子も同じく。
要は、興味の問題で、僕の興味は人がどの様に形成されるかを診る事。



今回は此の事に付き触れて記したいと思います。

此の文面、内容も読み手の興味の深度で、其の所望する物の情感の差異も相当な物。
既に理解が及ばない方々も多いのかも知れません。

今回は、時間の関係で相当に説明的な語彙は省き記して行きます。
難が在る書き方は、作為を以っての事。


不動産投資とは、其の様に難儀な事の思索でしか在りません。

単細胞に仲間が大切なら其れは其れでしょうが、其れ自体は微塵な事で不動産投資の互いの励みにして居ては、お仕舞でしょう。

徘徊をして感じる事。

初心者に有益な事を書きたいとの想いで、何かしら書く事で表現する者が抑々、初心者な事も多く、稚拙で在り、逆の作用で悪い影響を初心者の読み手に与えている事が多い事かとは思料し危惧致します。

此の頃は、融資も難しい事でしょうから踊り場的に腰を据える的な思索を以って、我慢との事を流布する者も、違います。
出る人は出ますし、出ない人は抑々一生踊り場でしか無く、融資が出る出ないは関係の無い事が本質的な事。

理解もしたくは無いでしょうが、本質は其の投資、不動産はお辞めになる事が肝要。

其の中でも、生得的に其の事を理解しながらも其れが切っ掛けで其の周辺者として開眼する者は、其の事が生得的な特性な事でしょうから、其の事に邁進するのは悪とも思いません。

説明的な事は書きませんが、此の事をスッと摂取出来る者は、成功出来得る特性が在るやも知れないとの自論。

腹落ちする事自体が、戯言と同義な語彙との事にも連なる思索でも在りますが、何かと通じ合い、何かを得ているつもりでしょうが全く捨てている物も無く、其の小さい器に入り切れてはいなく、其処に明察も無い。

極簡単な事。

社会通念の事。

以前にも絵画の事に付き触れましたが、寓意するとの事。
不動産投資との語彙の中に寓意を診る事。

上辺だけのお仲間も少年ならば幸いですし励みも大切だが、何かに取り憑かれ、教祖的に活き活きと活動する者で金銭を為す事の方が余程の価値が存在もする。

教祖は自己の悪を理解はして居るが、初心者に云々を云う初心者は心根がピュアな分アホなのです。
また、歴は長いがド田舎の新築を流布して仕舞うのも利口では無いからでしょう。
足し算引き算も出来ないと云われて仕舞います。

脳内のユートピアの具現化に邁進しいるかは知り得ませんが、或る種の者に取っては滑稽でしか無いのですが、其の事は、利口な者は皆、諫言致しません。

失敗する者が多い分、有難く頂く者も居るのが投資。
種を撒き育て収穫の頃に豊作で、捨て値で買い受けるのが商人です。

育てる事に一所懸命なのは其れこそ田舎の百姓です。
百姓は百姓と云われて終わります。

其れが現実。

百姓を通じ、自己を診、特性を顧み、特産品に成す事が要諦で、雑多なナス農家的な新築は田舎には飽和で必要としません。
腹が立つ方も多いかも知れませんし、此の様子な方々に恨みも在りませんが、注意喚起や諫言をしないと、今後の地方は姥捨て山でしか無くなり、其の土地の健全な投資家も巻き添えになる事でしょう。

興味の問題と思索の深度の問題で、百姓になりたかったのならば善い事ですが、庄屋様になりたいのが本音ならば、田舎の百姓の云う事は吐き捨てる事が肝要。

此の事は、カボチャの馬車を叩く事に同義としか思って居ませんから遠慮も無く、ナス農家の百姓も叩いて仕舞うのが本音でも在りますが、此の事も本来、一義的な意味でも在り、広義には地方経済には養分として必要悪でも在りますので悩ましい処です。

自己の欲と知見との相談でも在りましょう。

では終わり。
↓ポチっ

人気ブログランキング







スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

2019年08月24日 13:09

善い詩ですねw

此の境地には成りえても怖いですが、とても良い事を思い出させて頂き有難う御座います。
とても、感慨深い事でした。

頭でループしますね・・・

No title

2019年08月23日 16:51

つけびして
煙り喜ぶ 田舎者

いつぞやの事件がアタマをかすめました。
つか、たびたびよぎんるんですがw
ぶっちゃけ社会性を切り離せばすごい詩だなと。

“かつを”というペンネーム含めコミカルなのにどこか悲哀も感じてしまうのはそれが文章だからなのかもしれません。

精神的なカッペには陥りたくはないと自戒します。

Re: 名古屋と神奈川の田舎

2019年08月22日 22:57

お疲れ様でしたねw

取敢えず、新築が全て悪とは云ってはいませんからね~

九州や北海道、特に北海道や雪の降る地域はお仕舞だとは思っています。
何が悲しくて雪道を歩くのか?

要は、インバウンドで何とか生きる事が出来る場所等は、日本人は棲まない過疎との事。
明日、新宿の会合では此の事を掘り下げたいと思いますw

名古屋と神奈川の田舎

2019年08月22日 20:58

やっと自宅へ到着しました。汗

次回が今から思いやられます。涙

名古屋では例の如く不動産ばかり見ていましたが、神奈川の田舎と似た雰囲気を持ちますが、そのポテンシャルに違いを感じました。

名古屋は土地広く、糞みたいな建売アパは多く見られず、あっても大東、レオパ、東建などなど。

一時前の横浜に似たような感じ。

ポテンシャルを感じるエリアが多く残っている感じがしました。

地方新築を嘆くishiさんの言葉ですが、僕も含め新築を批判する声の意味を殆どの人が間違って捉えているように感じます。

僕は新築が悪いとは全く思わないし、ishiさんも同じような感覚かと勝手に思っています。

素人が無理やりゴミのような土地に新築を建てることの顛末が怖く悲しい。自分だけは大丈夫だと思っているのが危険。そういうお前も同じだろうと思われる人がいそうですが、違うんですよね〜。

ホント将来には不安しかない。

勿論、その中でも絶対生き残るつもりですが。

読んでてそんなことを思いました。
(全然違うこと言ってたらスミマセンm(._.)m)