FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

正しい支出とケチと嫉妬の類似性の考察。

2019年 09月15日 14:01 (日)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。
今回は、表題の事柄に付いて綴って行きたいと思います。

大家業や、不動産投資、DIYの事を考えるに、通説的に一同が先ず思う事としては、支出やコスト意識の重要性との事でしょうか。 其れ等の共通項は、運営にあたる上で、コスト削減意識が根差し、云い換えればケチの用法なのかと思う次第です。

善し悪しで云うのならば、其の事自体は善しな事かとは一義的には思います。
ですが、其の社会通念的コスト削減意識の心持を、自己に従順に従わせるか否かで意味合いが異なり、心理的な深層が見えたり致しまして、其の事を深慮する事自体が全く以って不要な事とも云え、また最重要と重きを置くかは、各々次第かと思料致しますが、其の思量する事を更に思慮し想いを馳せる事が私的には要諦な事と捉えます。

コスト意識とは、また別の顔も在るのではないのかとの自問です。 要約的には、コスト意識とはケチとも云え、ケチとは嫉妬心とも取れる心理行動と思料も致しており、その事が前述の思量する事の思慮に想い馳せるに繋がりますが、其の事の気付きが有ると、コスト意識自体に深意的理解を以って対峙するに付け、途端に反面気恥ずかしさにも繋がります。

コスト意識=ケチ=嫉妬心=虚栄心。 此れに相成る事かと自己完結させての自身は、遠い記憶にコストカットも若気の至りで致した時期も御座いましたが、基本、予算が無く他者にお願いし値引きを頼むくらいなら、自分自身で行う事を選択致しまして、相見積もりも経験を重ねた今では致しませんし、抑々何かを行う時に予算が無い事が無いですし、予算が無い=計画性が無いと同義です。 また別で、趣味と実利の兼ね合いでのDIYは、とても有益な事ですし、お金以外の何かも得られるのかとも思います。

要は、値引きすをお願いするのは筋が違いますし、他者が強引に泣き落としコストカットを観るに付け、正直言葉が悪いですが、気でも触れたのかと思う所業とも思って観察しております。 値引きをお願いする前に出来る事は沢山御座います。

相見積もりの競争で決めた業者を更に叩く、または信頼を寄せた者に値下げ要求は、人として褒められた事では無いとは思って居ます。 また、ケチを心理的に考察するに、自己に足りない或る事柄を、強引に自己満足のライン迄押し下げる効用かと思い、本来手中に収まらない事柄を手中にする事と捉えていますので、其処に介在する心理とは所詮は見栄の裏側です。

簡単には、サイパンの予算で、格安チケットにてハワイに行ってもしょうがないでしょう⁈的な事です。

到達が遥か先な所有欲、独占欲と、現実との乖離の現れがケチで、人物に対しては嫉妬、羨望との事が、嫉妬心となり、ケチと嫉妬の類似性との事でも御座いますが、自己参照するには難しく自己を度外視致しまして記してはいます。

ビトンのバックを伊勢丹で購入するか、ドンキで購入するかとの意と、または、隣のAPが綺麗だから自己のAPも塗装で綺麗にしたいが予算が無い、徹底的に業者を絞る。

此れは頂けない嫉妬心の何物でも御座いませんが、此れを疑問も無く出来得る方は、物事に対し深慮が少ないのかなとは思って居ますし、見栄と経営的要素を混同しているご様子で、抑々、AP経営やビトンのバックが似合う御仁では無い、器では無い、他者に対し思慮や配慮が少ないのかとの、自論では御座います。 見栄は嫉妬心から産まれますので、物質的に固執する事からの独占欲から派生していましょうし、物質的執着心の内在が嫉妬とケチとも捉えられるとの事かと思います。

読み手の皆さんが、本篇に全然考えが付かなくとも結構な事柄ですが、賃貸経営を1~10迄自己完結の出来ない人が、金を払う側で上から物を云っていては、子供に恥ずかしい親父としか映らないのかと思い、自戒を含め想いを馳せ記しても居ます。

勝手気儘に自論を展開致しますが、信頼して頼む業者には盲目的に1円たりとも見積り金額を値引き致しませんし、其れが常識だとは思って生きていますし、お客さんからお金を頂く時も一銭も値引きは致しません。

値引きすをお願いするのなら、もっと予算に余裕を持つ事の違った知恵を絞り、逆にお客さんに値引きを迫られる仕事をしていては、商売にはならないと思うのが商売の基本かとも思います。

下請けを絞る事が当たり前な思考は、手柄を立て主君に認めて貰いたいと願う、足軽のする仕事です。

物件を買うのには指値は致しますが、其れは労働集約型で無い投資物件との事と相対取引との事ですから、上述とは意味合い異なります。

一元的過度なコスト意識は、本来の労働集約からなる価格と、相対取引の二元的値付けの理解が乏しい、初心者投資家の段階なのかとは思いますが、その不毛な思考から早々と脱して、労働集約型の出費が月に10万多いと悩み思うなら、20万多く稼ぐ事に思慮を結集させた方が、建設的な事で他者に対しても精神衛生上、体面上効果的かとは思う次第で御座います。

実際、賃貸経営に於いては、労働集約型の作業員が現場の工事を行いましょうが、オーナー様然と構えている兼業大家さん達は、他人任せにしか出来ませんし、其れを選択したのも自分でしょうが、其の支払いに困窮するのなら自分で作業をするのが筋です、己が高い管理費払わねば回らない様な立場や、割高な物件を掴んでいる証左と自戒が無いのかとの事が深意として云いたいとの事です。

全ては自己責任とは云いましょうが、不動産投資自体を自己完結で自分一人で回す事と、孤独な大家稼業とでは意味合いが違います。

過度にコストをカットするとの事は、人を斬り捨て、縁切りする事と同義かとも思い、実に勿体ない事なのかとは思います。
ドケチは損だとの自論ですが、適度に迷惑にならない程度なら良いのかとも思いますが、相見積もりは必ず他方の人に迷惑が掛かっている事の事実を配慮しないと誰からも相手にされない人に成り下がりましょうし、商売だから当たり前だろ的な言動も理解しますが、其れ自体がクソな発想で、世の中の大勢を占める考えでも、クソと掃き捨てる事が私の矜持でも有ります。

終わり。

↓ポチっ

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 最近、やっと意味が分かってきました。

2019年09月17日 13:33

色々と在るでしょうが、請けた恩や義理を欠いては嫌われますよ。
其の事を理解して行動すると継続して金儲けが出来得るとのことです。

最近、やっと意味が分かってきました。

2019年09月16日 19:41

4ヶ月ほど前に全くツテが無かったため、ネットや紹介などでリフォーム業者さんを探しお見積りをお願いしました。

そのうち2社の方が素晴らしかったです。

プロとしての矜持を感じました。

やれること、やれないこと、やらないことを明確に言ってくれる。

大家に媚びることなく、「これはやるべきです!」と言って頂ける。

工事の領域ではプロとして率直に意見してくれ、大家をプロ(であれよ!)と尊重し、考えや計画を聞いてくれ、両者一緒になってベストな方法を考えられる。

この時、仲間を得た!という喜びがあり、値下げをお願いしようとは全く思いませんでした。

紹介でお見積りに来て頂いた方は、「水回りなら任せて欲しいが、今回は不得手な工事が多い。塗装は今腕のいい職人が他の現場に入ってしまっていて、お薦めできない職人しか確保できない。」とハッキリ言われるので驚きましたが、誠実な方だな。
一緒に仕事したいなと思いました。
今度、水回りでお願いしたいと思いました。

本業では卸売業なのですが、変化しました。
昔は安く買って高く売るのが仕事でした。
今は高く買って安く売るのが仕事になりました。
付加価値を高めたり、マッチング精度を上げたり、介在する価値を生み出すことが仕事となりました。
この方が楽しいですし、やり甲斐を感じます。

No title

2019年09月16日 16:49

こんにちは。

>労働集約型の出費が月に10万多いと悩み思うなら、20万多く稼ぐ事に思慮を結集させた方が、建設的な事で他者に対しても精神衛生上、体面上効果的

これ、私がいつも大切に思っている事に重なります。
出る事を減らす算段をするより入るを増やす努力をする方が楽しいですし、世界が広がるとも思います。
(元がケチなので、出る事を減らす算段であーでもない、こーでもないと調べるのも結構好きですが💦)
以前も書いたように、自分が値切られるのが嫌いなので、基本人のも値切りません。でも、対価に合わない結果の時には交渉します。

何はともあれ、昨日は大変ながらも楽しい一日でした。
本当にどうもありがとうございました。
もう二度となさらない、と仰っていらっしゃいましたが、もしまた機会がありましたら教えて戴けますととても嬉しいです:)

Re: 懐かしいです

2019年09月16日 13:10

此のブログの前の奴を読み飛ばし居ますよww

保有8割の事の理由等と道路の幅員の事等、区画整理の事を連続で書きました。


本題、此の事に当時の返信も此の例のオバちゃんリフォーム屋さんの事でしたね!
色々と面倒見が良いのも大変ですね~ww

Re: 私が陥りやすい事だと思いました…

2019年09月16日 13:06

書いて居る自分も、或る意味完璧には出来ない事ですw

自己流が吉ですし、曲がった事をしていたら絶対に長くは持ちませんよ。

長い経験がある方は、其れが成功に近いとの証左かとも思います。

懐かしいです

2019年09月15日 22:38

こんばんは。

まだ、冨田さんと戯れているかな?笑

と思いながら、懐かしいコラムを拝読させていただきました。

実は、このコラムはすごく記憶に残っていて、僕の商社時代の生き方がらまさに値切り値切られの世界で、大家になり、その感覚で最初の頃いた時に、凄く辛かった(楽しくなかった)のを思い出したのでした。

時はたち、値切らなくなってから、腐れ縁のおばさんからは、顔つきが変わったと言われました。

多分、

足軽から経営者の顔付きに変わっていったのかなぁと思います。

今は、業者ではありますが、お願いする人達の人生まで気にする事も増えました。

すると、おばさん以外にも良い反応をしてくれる業者が増えた気がします。

相変わらず短気ですけどね。汗

私が陥りやすい事だと思いました…

2019年09月15日 16:16

こんにちは、只今複数の物件でDIYによるリフォーム作業を同時進行で行っており、ホームベースとなるエリアでは値引き交渉はしませんが、これから新規に取り組むエリアでは、複数の業者さんに見積り依頼しながら、比較検討は行っています…業者さんには無理を言わずに、目標予算内で物件を仕上げる事の大変さを感じています。