FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

相対の中の縫合的自己。

2019年 11月16日 11:34 (土)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

不動産投資を既に始めて仕舞った者は成功かシクジリの二択とも云えますし、全て間違いとも云えましょう。
物事全ては、左様なモノかとは思料しています。

各々の夢想を具現化すると、必ず結果を問われる、問うてしまう事に為るのが此の社会通念的な世界と云う事でが、抑々、其の多くの夢想を現化さえもし得ない事が多い筈。

要は、人を殺めたくともしない等。

大なり小なり、歯止めを掛けていますが、法に様る事から来る自己か、自己から来る歯止めかとの問題の思索が肝要との事かとも思って居ます。

物事、決まっているから、駄目だからと自己暗示をして居ては始まりません等と毛頭云うでのは無く、露出度の高い夏の装い的な思考や俗物的な思索では無く、其の先のまた更に・・・・・

全ては自己に帰結します。

金や月謝の対価を払ったから元が取れるか否かは、月謝を貰う側の資本家には、本質的には責任等在るりもしません。
資本投下した資金が回収出来、其の後利益が出るかを診るのが資本側です。

飯屋開業でも抑々のリスクは資本を投下する其の事でしか無く、不味い飯を提供する事で客足が無くなる事がリスクでは在りません。

其の事を思い思索をする自己を診る事が肝要な事。
フードコンサルからしたらば此の事は完全否定する事では在りましょう事も当然理解はしても居ます。

僕は、巷の牛丼なるモノは金を払う価値も無いとは思って居ますし、外食は大好きですが牛丼屋、スタバには数回しか行った事も在りません。

旨い不味いは主観でしか無い事。

其の事を僕は理解して居ますし、社会一般の舌からしたらば僕の方に偏りが存在しているのも知っては居ますが、其の相対的な事を相対的に分類し解を為す事をマーケティングとも云うのでしょうが、其の事ばかりに気を遣うと自己が亡くなり相対的な多数の中にだけ自己が存在する事にも為り、其の自己は最早自己では無く、十把一絡げの誰かでしか無く、個では無くなります。

人間必ず産まれ落とされた独自の自己が存在するのかとも思料しますが、其の事を意識しないとイケないとも思いますし、上述の相対的寄せ集めの自己も生得的自己と云われればそうなのかも知れませんが、仮にそうだとしても、其の事に気が付けば善い事と意味です。

其の事に気が付いた時には、其れ迄の人生が途端に陳腐に感じる時も在りましょう。
其の後が大切かとも思うのですが、其処で見間違うのが啓蒙的に、人生を愉しみ時間と云う箍から解放されたいとなり、何かしら行動する事も多いかとは存じます。

海外に気儘な旅に行ったり、専業大家で自由な時間を手に入れようと施策実行に移す者も多いでしょう。
月謝を払う事で何かの会に参加される方々の多くや既に自由な時間とやらを手にして居る様子の専業大家は、正に此の様な段階かとも思います。

金儲けがしたいから、何かに月謝を支払う。

需要と供給の関係も理解しますし、経済の事も朧気には解りますが、本質論の本質もまた各々で差異も在りましょうし、何処の思索的段階で切るのかとの事にも為ります。

物事の思索には段階が在るとの事を先ずは理解しないと、喧嘩にも為ります。
馬鹿はバカですから、反駁をしますが其の事は自己に帰結するブーメランとの事で恥の上塗りで、自己啓発の啓蒙の段階で人生は愉しいと宣って仕舞う思索段階でしか無いとの事です。

要は、未だに誰かに感化されなければ行動しない時点で其の行動は生得的に向いては居ない行動との事にも為ります。
雑な思考ですが、行動原理に理由は要りませんし理論も必要は在りません。

観念俟った思索は施策でしか無く、思惟の無い事でも在り必ず自己言及になりますが、其の事を理解解釈し咀嚼出来ない時に人は悩み、何かに縋ります。
メンターやスピリチュアルな事に嵌り、足掻き、自己啓発してボランティアや社会で云われる善い事、即ち一義的な善の行動に頼るとの事に為りますが、其の事は人の所作の中で在り、其の事に独自性も無く、結果、本質的自己と向き合ってはいないとの暴露に過ぎません。

其の足掻き事態も観念の中の欺瞞的不実でしか無く、一義的相対の中の縫合された自己と取り繕うに過ぎず、其の事にすら気が触れないのが大衆性と社会性との事。

何回も云っても居ますが、不動産投資に用語の理解は必要ですが、最も重要な事は自己と他者の意味の理解でしか在りませんし、其の事は誰も講釈で教える事は出来もし得ない事。

終わり。
↓ポチっ

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 真似したいと思わない

2019年11月18日 16:56

何となく感覚は同じ事でしょうね。

其の事って、感じるから馬が合うとも云うのかもしれないですね。
皆、類友とはそうだし。

俯瞰とか客観とかの本質の理解なのですが、多くの方々は其の触りもして居ない事かとも
苦慮して診て居ます。

僕が他人様を心配しても始まらない事ですが、其の事を憂う自己が可愛いとの事だとも思って居ます。
其れを思う自己が居るか居ないかの問題も大きいいですねw

真似したいと思わない

2019年11月17日 09:21

おはようございます。

毎日作業って疲れますね。汗

本文、

人の手法を真似したいと思わない。

何故か?と考えたところ、
僕は、他人と自己を相対比較しないからなんだと気づきます。

他人を観る時
自己を診る時

常に客観的に別々にミル

それでも手法が似る

そこにある種の解があるような気もします。まだ、分かりませんがw