FC2ブログ

11月 « 2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

孤独観。

2019年 11月24日 13:27 (日)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

不動産投資家は孤独とか?
真に孤独を知る者が此処に居るとも思えない。

云いたい事は理解もしますが、其の事は一義的な事象を示唆もして居るのでしょうが、本質的には全く違う話でも在ると思料していますが、しかし、通俗的な者同士には誠に道理は通ります。

事の言語や施策を通念的に解釈し、其の事を本来の自己で咀嚼出来得れば善い事なのですが、本来の自己のが通俗的では思惟と云う事を為してい無いとなりましょう。

通念的な思考での孤独か否かは、周辺たる他者の存在と自己の親疎の別を云うのでしょうが、其の考察眼が通念的か真に思索的かの違いとも云えます。

群れを成す中でも孤独感を味わえる事も多いでしょう。
此の味わいを自己から能動的に思索する事も本質的には孤独とも云いませんが、通念しか持ち寄れない同士の道理因りは断然思索的な上座には位置しましょうが、此の孤独感は自己愛性障害への憧れに過ぎません。

通念者同士では、大家は孤独と云いつつ誰それとの会話が成り立ってもいる時点で孤独にはなり得ても居ません。
また、孤独を愛すると云いつつ、何かしら世間に発信している時点で孤独に愛されても居ません。

また、仲間を大切にとのお花畑の通念では、実情的には孤独に為り得る行動原理なのですが皮肉にも其の示唆が自己に自覚も無く孤独に陥り、其の孤独の味わいを知らずに居る事かとも思料しています。

要は、仲間達のお陰との感謝の気持ちを忘れない事を通念として生きる事は現社会では当然至極でも在りますが、其の事の成り立ちを分解的に解釈し思索を以って対峙していない者は、自己から沸く真理を歪め自己で通念と云う名の審判を下し社会に埋もれて自己を失うとの事で、其の悲哀は最早自己を失った孤独とも云えましょうが、其の自己を自己は自覚も出来得ないとの事。

孤独とは、周辺者との対峙から出でる現象では無く、自己の中で涌く真の審判。

終わる。
↓ポチっ

人気ブログランキング





スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 孤独

2019年11月26日 11:21

思い付きで書きますが、自分で読み返しても難しい善い事を云って居ますねww

扉は扉としては存在しても居ますが、其の事を自覚も出来ない扉を、扉として知らしめる事をするのは
人間です。

其の意味で、物事を診ると自己の中の孤独感は孤独感で無く孤独観となります。
真の孤独とは鬼籍に入らないと理解出来ないのも真理ですね。

初めて深意に近づくコメでしたねw

Re: 孤独なのか?

2019年11月26日 11:12

孤独の概念にも依りますね。

皆さんの云う処では孤独とも思わないのですがww

或る意味での孤独とは?
その辺はもう、哲学ですね~

孤独

2019年11月25日 23:35

こんばんは

いつも読んでます
そして、読み込み理解するのに時間かかりコメント出来てないです汗


孤独感について
そもそも少なくとも男性で、背が伸びきる少し前くらいから、孤独である事に気付かない人っているんでしょうか??

いるのでしょうね笑

孤独以前に自分と似たような人が世の中に大勢いると思ってる人と、そんな事を感じた事も無い人の間には見えない溝があるのかもですね。

大勢に囲まれていても孤独だし、ひとりで佇む時間も孤独ではないかと。

歳をとるにつれ、亡くなり見送る側が増えると、どんな人生も少なくとも男性は孤独だと思います。

と、久々のコメントにガラでも無い内容で失礼しました汗

孤独なのか?

2019年11月24日 18:52

ishiさんは集まりに参加しつつ、満喫しているように見え、この様な文章を書くことから、

孤独を感じる瞬間

があるのかと思いました。

僕は、人生において、友達と呼べる様な人は固定していない。年に数回会う大学の同期。

時々、週何回も会う様な腐れ縁を持つ友人を羨ましのかな?と思うことがありますが、

羨ましいとは思わないんですよね。

お互いが尊敬出来るような友

がいたら良いなと思うことはあります。