FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

太陽光発電と自家発電・SM的脳ミソと幸福な透ける脳ミソ。

2019年 04月04日 18:29 (木)


人気ブログランキング
ポチってね↑

こんにちは。

今回は、太陽光発電の事柄を綴ってみたいと思います。

先ずは、自論からですが、太陽光は無しです。
単純に遣る人は、少し思慮が足りないと思っています。

短慮でド素人とは云い過ぎですが、枕として不動産投資をしている人が太陽光発電をする事を指します。

理由は単純です。

投資のランクとして、

出資乗っ取り
株式
FX
プライベートバンク
投資信託

不動産投資
リート



野立て太陽光
自己APの頭に太陽光

この順番で純粋な儲けの過多が有るのかとは思料します。


単純な比較の問題です。

・太陽光をAPの頭に乗せ20年発電、3000万投資して利回り12%で、総利益7200万-投資金3000万で手残り4200万
 だが、残されたゴミの処分代は⁈
 20年経た太陽光設備は只のゴミです。

・中古AP購入3000万利回り12%で20年総利益7200万ー投資額3000万で手残り4200万
 ですが、20年後土地は残りますから捨て値で売却しても1300万とかの可能性が大、上記と合わせ5500万をもたらします。

比較して1300万の差異が出ます。
不動産投資家なら単純な理です。
赤ん坊でも出来うる計算が出来ない愚。

野立てなら未だ、ゴミな土地ごと売却で可能性は低く出口は遥か彼方に見えますが、自己のAP頭の上の発電などがゴミを置いておくに等しく、其の投資金でAPが買えない無能で無様な様子を、安易に発電に発揮し、御上が保証して堅い投資とニンマリでは、脳みそ透けて見えます。


かなり、強烈に書きますが、或る程度の用法、新築投資や地方RCなども如何なものかとは思ってはいますが、本音では自由にどうぞです。
ですが、何かしらのお考えの中でやる事でも、太陽光は愚の骨頂との思いで、すらすらと筆が進む不思議。

見回すと意外に多く散見されますが、ド素人なドMの所業。
資産棄損は銀行の評価をリポートされているブログなども有りましょうから、買った瞬間ハンデを負っています。

現金なら未だしも、借入って…


何だかんだ通常運転で、ディスって居ますが、其れも此れも、初心者が安易にクソブロガーを崇め、コンサルやセミナーでお金をドブに捨てる事を気に病んでいるからです。

正直、自己責任って言葉も便利ですが、実に巧妙な罠も多く、見破る事因りも、単純に投資に優劣、善し悪しを決めつける事で問題を片づける事が善き用法です。
理屈は後から学んで、円周率は3.14と同じで不変、足りない頭を使わず考えないで太陽光は駄目な投資と捨て置く事です。

例えば同じ、太陽光推奨派でも、性悪と善人では書き方で違いが当然出ましょうが、お人柄が良い方は、デメリット交え頷ける、説得力が在る、共感する物を書きますが、其の実、太陽光投資自体が糞だとの事を理解下されば、人柄などに関係無く、可哀想な人にしか映らなくなります。

其れが真理眼との事で慧眼、達観との事かとも自論では思います。

人柄では無く、用法、投資の種別や地域で判断出来得る自己を持つ。
其の事が重要で、皆さんは心が澄んではいます、思いは鏡。

私が云う事は単に、他人は皆泥棒理論で在り、逆説的に、自己が其の悪たる用法で素人に接し、必ず自己が利益を産む用法を用いているからです。

皆さんは澄んでいて純です、悪ぶっても最悪を知りません。
本職の方と渡り合い、ウンコを漏らす程の脅威脅迫の経験無いでしょう。

好きな女に振られた程度や、親友が自殺した程度の事が最悪な経験で、世の中の汚い物を見ないで過ごした方々は、上述の善良な先生達に心酔し、むしられますし、むしられた事も理解出来ないのです。

自己の鏡を見て物事を判断する事を用いる事が無い人は投資家としてお仕舞でしょう。

幸せな生き方です、海が好き、山が好き、サーファー、ワンゲルかぶれ等も良き人生観なのでしょうが、何か違う次元の経験をしている方々からすれば、実にお花畑な薄っぺらい人生にも見えましょう。

特に、女性は他人に云えない事や不条理を殿方よりも多く経験致します。

SM関係の女性は特に興味深いモノを心に秘めています。

男に闇や人間的深みが少ない実情って、根本的に性が絡んできます。
普通のSEXを普通に出来るだけ普通の幸せな人生との事で、幸福な脳ミソが漏れ出ています。

此れで太陽光実践派は御怒りになるのでしょうか?
ヤっちまったなと猛省しているのでしょうか?

桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿。

最後に太陽光発電は、或る意味自家発電と同義との事で此れで終わります。

ポチってね

人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ご丁寧な説明ありがとうございます。

2019年04月12日 14:19

私が危惧する2点をしっかりお考えであれば、大丈夫だとは思います。

長丁場の投資、予想外のこともあろうかとも思いますが、そこを上手く乗り切れば・・・というところでしょうか?

健闘を祈ります。

saitさんへ

2019年04月11日 22:20

ishi様がおっしゃる通り、「単純に道が違う」というだけのことのような気がしますが、ご質問頂いた点については、以下のように考えています。

1.事業精算について
太陽光発電事業自体は、そんなにすぐには無くなるものではないはずです。少なくとも2050年時点では主力電源と位置付けられていますし、その先もそんなに簡単には有力な電源が出てくると思われませんので、相当先まで主力電源であり続けると思われます。
詳細な説明は省きますが、20年の固定価格買取が終わっても、十分事業を続けていける環境は続くと考えています。
そうなると、「条件の良い土地+送電網への接続枠」は十分価値があるもので、売却して事業精算はいつでも可能と、私は考えています(わかりにくい説明で申し訳ありません)。

2.他との差別化について
確かに、巷にあふれる土地付きの発電設備を購入し、管理も委託、というやり方では、差別化はできないですね。
これは、不動産投資において、不動産会社の紹介でサブリース物件を購入するのでは差別化ができないことと同じような話と思います。
不動産投資の世界には、他の手法がたくさんあるのと同様、太陽光事業の世界にも色んな手法があります。
具体的には、
条件の良い土地を購入し、
土地に合わせて最適な発電設備を設計し、
様々な許認可を乗り越え、
安価なルートで機材を入手し、
信頼できる施工会社に工事を依頼
とかやっていると、相当なノウハウとスキルが必要となります。
もちろん、その代償として大きな収益を得ることが可能です。

私としては、不動産事業も、太陽光事業も、考える方向が違うだけで、どちらが優位だとか結論付けられるものではないと思いますが、いかがなものでしょうか。

Re: 技術介入、saitさん

2019年04月11日 12:57

とりま、立場が違えど金儲けの点は変わらず。
考えが違うだけ、考えが違わないと皆さんが儲けられないのが真理との事ですかね。

技術介入、他との差別化

2019年04月11日 02:55

一発電事業家さんに申し上げます。

最終的には、不動産投資も事業清算してみないと解りませんが、太陽光発電は最終的に事業清算できるものなのでしょうか?

始めがあるものには、終わりがある筈です。

それと、他との差別化ですが、ここは太陽光発電の場合他事業者のとのスキルの差というのは出てくるものなのでしょうか?

出てこないのであればそれこそ、共産主義のようなものです。

今まで生きてきた中で言えることは、共産主義の瓦解が示すように、皆揃ってhappyということは有り得ません。

どこかで、ウハウハしている人がいて、どこかで泣いている人がいる。これが世の中というもので協同組合的な発想はどこかで破綻せざるをえません。

世の道理として、誰がやっても差が出ないものは利の薄いものになってしまいます。

数値化してものを言っている訳ではありませんが、直感的にそのように感じてしまいます。

お返事ありがとうございます

2019年04月09日 22:37

ishi様
大変丁寧なお返事ありがとうございます。
確かに、不動産投資の場ですから、別の立場から、真剣に反論しても意味ないですね。。。
私は、現状は太陽光の場にいながらも、不動産投資の道も志したいという考えも持っているところです。
引続き、貴ブログで勉強させて頂きたいと考えておりますので、宜しくお願い致します。

Re: 一発電事業家さん

2019年04月08日 22:59

楽待からとは、有難う御座います。

ご指摘や仰りたい事は、至極解ります。

正直、勢いで自分勝手に書いている事も有りますし、太陽光も検討は以前は致しました。

単純に道が違うとの事であり、気分を害する方には申し訳ないとも理解はしています。
ブログって事で、利害関係者が居ないので強烈に奇をてらう書き方をしていますが、内緒ですw

僕は不動産屋です、舌は何枚も持ち合わせていますし、仰ることが理解出来ないような知能でも無いとは
思っています。

此処は不動産投資の場との理解の基に書いていますので、太陽光の板ならば太陽光の肯定的にも書けます。

ご理解の程を。

根性が悪いですが、仮想敵を作り書く事が簡単との事でご容赦下さいまし。

本音では、悪いとは思いませんが、不動産屋ならAPなどの不動産投資をしたいのも事実です。

発電事業者の考え

2019年04月08日 22:09

初めまして。
楽待時代から、ずっとishi様の記事を読ませて頂いています。非常に勉強になっていることを感謝しております。それだけにこの記事は非常に残念に感じたので、発電事業者側の考えを書かせて頂きます。
この記事から読み取ったところでは、ishi様が太陽光を嫌っている理由は以下の2点でしょうか。
1.20年後にはゴミになる
2.将来の売却まで考えれば、不動産の方が利益が出る
この2点について私の考えを書かせて頂きます。
1.20年後にゴミになるか
20年後の日本の電力事情を考えてみましょう。原発はほぼなくなっている一方で、新しいエネルギー源が出てくることもほぼ期待できないでしょう。
もし、再生可能エネルギーが普及していなければ、ほぼ全てを火力発電に頼ることになります。
日本の富が、LNG等の購入に奪われ、CO2を出し続けるのが良いとは思いません。
そうならないように始まったのが再生可能エネルギーの買取制度なのです。
20年で発電をやめるのではなく、末永く、安い電力を供給し続けることが事業者に与えられた責務です。
問題は20年後以降の買取価格ですが、1kWhあたり7~8円は十分期待できる価格です。
そうなると低圧発電所1基あたり、70万円程度の売上となり、十分収益のでる事業を続けられると、私は考えています。
2.不動産との利益の比較について
本文中の比較は表面利回りだけの議論となっていますね。重要なのは、必要経費を除いた実質利回りで、太陽光はこの部分で不動産対比有利と考えます。
●太陽光の経費見積もり
設備の償却資産税200万、土地の固定資産税50万、除草等のメンテナンス費100万、修繕費(パワコン交換)150万程度、
本文中の手残り4200万円からこれらを引くと実際の手残りが3700万円となります。
●不動産の経費見積もり
あまり得意ではありませんが、仮に、空室率5%、修繕費+固定資産税で30%とすれば
本文中の手残り4200万円が1680万円となり、1300万円で売却したとしても手残りは2980万円。
この計算では、太陽光が有利となります。
もちろん、色んな前提条件で計算が変わってくるでしょうから、どちらが有利かというのは、そんなに簡単に結論を出せる話ではないと思います。
長くなってしまいましたが、以上が、発電事業者側から見た考えです。

Re: 地主さん

2019年04月05日 23:54

直感とは経験に裏打ちされた勘です。

地主さんも、不動産投資で才覚が在るので其の勘でヤバイ物やヤバイ奴は感じるんでしょうね。

株は私はやりますが、不得手で体現してやはり駄目だと現実を感じました。

才能無いなとは自認してましたが、取り敢えず遣りたかったのでw

私は相対取引の化かし合いが性に合ってます。

太陽光にインする人は、相対取引には合わない、要は駆け引きや運営が出来ない人。

ただの直感ですが、、、

2019年04月05日 22:23

こんばんは!

僕はコメントされている方々に比べると太陽光投資のシステムを理解していません。

ホント直感だけですが、

全く良い投資とは思えません。
新築投資にも同じものを感じましたが、そちらはまだ売り逃げという選択肢がありました。(今はそれも塞がれていますが)

個人的には、
直感は経験に裏付けされていなければ生まれません。

例えば、
僕は株をやりませんが、やらない理由は直感が生まれないからです。

だとすると、経験を積めば誰しも直感が生まれるのか?

良く分かりませんが、得手不得手もあるのでしょうか。

だからこそ、直感が生まれないような段階で投資するものではないのかなぁと思いました。

Re: ゆるぷちさん

2019年04月05日 18:52

自然エネルギーなので環境にも優しい投資なんだ!」と本気で…………。

この部分が日本人の病です。

新築主義なくせに、森林伐採の無垢材で健康志向の住宅を好み、新車を好みます。
意識高い系の典型でしょうが、太陽光に限らず、自己の道理の無理解を理解出来ていない。

悲しいですが、人数が多いのでTwitterなら炎上ですよw

Re: saitさん

2019年04月05日 18:44

負動産に追い打ちをかける負動産凍死家ですね~

本当に、お金儲けの方法は多種ありますが、不動産で旨味を知る者は
太陽光は直観でも糞としか思えないです。

Re: 宇宙さん

2019年04月05日 18:41

金儲けなら未だしも、エコで社会貢献の一助などとは寝言ですね。

物事の道理が理解出来ない人って多いですからね。

本当に、壮大なゴミで処分に困っていますよ。

リスク認識が必要です!

2019年04月05日 12:39

こんにちは。太陽光は今やポピュラーな投資になりましたが、個人投資家にはお薦めではありません。特に地方の野立て太陽光は手出し無用と確信していますよ。リスクが高すぎます。

まず出口が見通せません。買取期間終了後の売電価格は暴落必至ですが、住宅地にならない田舎の土地なんて買う人はいないでしょう。固定資産税だけを延々と払い続けることになります・・・加えて、遠くない将来にパネル廃棄問題が発生しますが、このコストを想定して積み立てている人は少数派でしょう。

運営中にはもっと重大なリスクがあります。台風や豪雨時のパネル崩落や柵の未設置による感電事故などが発生して他人に損害を与えた場合には、所有者が民法上の工作物責任を負うことになりますが、ここはあまり語られていないですね。

太陽光発電は、まず普及ありきでFITを急ごしらえで作ったものの、最初の高過ぎた設定価格と立地規制の不備を、金儲けに走る業者と投資家が利用して、いい加減な開発で迷惑施設を展開してきた、というのがワタクシの斜に構えた要約です。

でも未だに「買取が保証されているので確実に儲かるし、自然エネルギーなので環境にも優しい投資なんだ!」と本気で思っている人が多いんですよ。自分できちんと調べれば、リスク満載でむしろ環境破壊に手を貸していることが多いってことに気がつくはずですが・・・

この辺はちょっと齧ったことがありますので、昼休みを使って長々とコメしてしまいました。ではまた。



壮大な負動産!!?

2019年04月05日 03:58

アパートの屋根、自ら所有の空き地に建てるものは儲かる、儲からないにかかわらず、出口があります。

ですが、かつての原野商法で動いたような土地に建てられたものは出口が見えるのでしょうか?

人口激減の地域の物件に投資するのもそうですが、誰も引かないババを手にして身動きができなくなります。

これは、”損をした”ということ以上に大変なことだと思います。

太陽光発電

2019年04月05日 03:30

ishi様

僕も同感です。

一昨年、
太陽光発電に関して、
気心知れた元同僚が
太陽光ベンチャーで
技術者をしていましたので、
いろいろ聞きました。

基本仕様自体が不確定要素
が強くパネルに粗悪品が多いようで
故障が多いと嘆いていました。
また、単管を据える工事を含め
束石の基礎工事も結構安く粗悪な
一見の業者に発注しているとのことでした。

買取価格が下がる分、
粗悪で安いパネルを使ったり
据付工事を値段だけ安い業者を
使ったりして収益が出るように見せかけて
努力をしているとのことでした。
しかも、そもそもの会社自体、
離職率が高く誰が責任者か分からない
感じだったみたいです。

会社の利益を値引いてくれたとしても
不動産投資の収益を比べ
あまり美味しくなく実施しなかったのを
覚えています。

うまく稼動したとしても、
ishi様がおしゃるとおり
最後にゴミになり。。。。
ですね。