FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

旦那くん・息子くん・アンケート盲信の愚。

2020年 01月27日 11:34 (月)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。
今回は、表題の事に付き綴って行きたいと思います。
予てより思って居る事でしたが、世論調査等の結果に一喜一憂なのも如何な物なのかなと思い書き進めて参りたいと思います。 アンケートは嫌いなので何に付け全て断ります。
協力した事も御座いません。

大きな社業の方は、当然にアンケートの消費者の声を傾聴する事の意味の大きさはご理解致しておりましょうし、其の結果から得る事の出来る成功が在るので必要な事なのかとは思います。

お勤めで、此れを否定していてはお仕事等出来ないし、職場で存在が浮きましょう。
全てはリサーチと対策、要はマーケティング戦略なのでしょうし、コンサルの類は此れが好きですね。
其処で、此のアンケートとやらの類の自論的考察を記してみたいと思います。

前述の様に、企業なりで活用される事の多いアンケートですが、好き人と嫌いな人にハッキリと分かれるのかとは思います。
私は好きでは在りません。

好きでない理由は、アンケートを信用してはいないからです。
アンケートにツラツラと書き込む人の性格を云ってい居ます。

飲食店のアンケートを書く人は書く人の思考が見えますし、新聞の世論調査に協力する人は其れなりの思考が見え、この二つは同じアンケートの類でも相当な思考や置かれる環境が違って居ましょう。

私自身は、大抵の世の中の事柄には満足はして居ます。

私は、根底に此の思考が有りますので、アンケートに答える事は、改善を望みたい、改善出来得る一助や一考の一人となれればとの事が発想点なのかとは思いますし、其の思考は、とても有意的で建設的だとも思いますが、正直、私には少ない感覚で、また私みたいな人ばかりでも、日々の改善的施策も無く消費者の一因てしては本質的には損失にも為る事も理解はします。

本来私が云いたい事は、此のアンケートの取り扱い方が要諦との事です。
皆が、反応し易い事としては、入居者のアンケートで欲しい設備ランキング等が御座います。
アンケートで宅配ボックスや録画機能付きドアフォン、無料ネット接続…………気にする人も相当数居ますし、当たり前で、気にしないのは大家として失格でも在るとの事が一般的な考えで、至極当然とも云えますし一義的には同意も出来ます。

地域差の別は多少在れど、基本全国共通項で人気の設備は御座います。

其処で、アンケートに基づき素直に設備更新をなられる大家さんも多でしょう。
とても、能動的ですが、此の言葉が出た時点で気が付くと思いますが、其の行動自体は、本来的には受動的です。

云わずもがな、他人様の思考にタダ乗りで、尚且つ曖昧なアンケート結果を盲目的に、国民、消費者様の声が、生き写しされているかの如く振る舞う姿を信心する、其の心根自体が如何な物かとの事の深意です。

有り体な言葉ですが、全てを疑い一周回って信心するなら吉なのかも知れませんが、完全なショートカット思考の大家さんや、勘違いコンサル大家が素人投資家に伝授するのが、消費者の声を聴く事の素晴らしさを解きます。

消費者=アンケートの大きな割合との事。
如何でしょう?自論を前述から解説致しますと、アンケートに答える人は、世の中に対し満足感よりも不平不平等を世に訴える事が多い方々なのかとも思料出来ます。

へそ曲がりに、アンケートを採っても悪い事しか書きません。
世の中に満足を得ている人は、アンケートに答えても、悪かった事や本心を書く事は少ないです。
政治の世論調査等は如実に違います、朝日と産経ですと当然、朝日の方がアンチ安倍さんの割合が高く出ます。

色の無い消費者アンケートの様ですが、アンケートの類を世に満足感で生きている人と、全てに噛みつく人とでは正反対になりましょうし、回答率も当然満足に生きている人の方が低いです。
此れは、とある実証実験結果が出ています。

此処で、上記の欲しい設備ランキングですが、今、其の設備がない処に住んでいるから出る発想ですが、無くとも平然と過ごす人はアンケートには書きません、書くのは自己に満足が出来ていない、社会と自己評価にギャップが有り、世の中に不満や不公平感しか感じな人との考察も出来ます。

簡単には、働きが良く無く、お金が無いから安いアパートに住まざるを得ないのにも関わらず、其の人に採って昨今の当たり前の設備が無いのは、消費者を馬鹿にした大家だとの思考でしかない賃借人との意味です。

自己を良く理解している人は、安い家賃なら高機能でなくとも満足、高機能を満足したいなら高い家賃の所に引っ越す、引っ越し出来た自分は頑張ったから、グレードアップ出来、より良い住まいを手に入れたと満足しましょうし、此の方はアンケートに回答はしない事が多いかとも思料出来ます。

此処迄で、アンケートを利用する大家の視点、アンケートを書き込む消費者の視点とが出ました。
もう一つの視点は、其々を考察する視点です。

社会通念=常識と思うか?・偏見と思うか?との違いとも云えます。
此れを踏まえ物件を買うか、多少の参考にはするが独自視点で物件を買い運営するかとの事に繋がりますが、私は無視します。

抑々、地域で相応に安く買っていて、立地も良い場所に保有しているとの自負が在りますから、運営に気を遣うよりも買う基準に気を遣うとの事。

消費者目線も一義的には大切ですが、根本的に徹底的に安く買う事に勝る運営手法は無いとの自論では思っており、賃貸経営の肝の所在が何処に在るのかの違いと視点の違いですから、本稿を受け入れ難いのも宜しいかと存じます。

アンケート等の小手先の運営手法では、クレーマーに引きずられ、運営が立ち行かなくなるのかとも危惧は致します。

一所懸命にコンサルや消費者の声を聴き、賃借人に寄り添う運営をしているのにも関わらず、運営が芳しくない…精魂尽きてきた…何が駄目なのかが解らない………………全ての根源的思想が不動産投資に合致してはいないとの事で、人間として駄目な訳では決してなく、投資家として大成は難しいのは、其の思考方法との事かとも思います。

同じにもアンケートを気にするのならば、その背景を気にする事が要諦で字面などはノイズとは思います。
また、違った云い方をするのならば、子供の権利を主張し最高の教育を施したいと思う事は皆同じです。
同じですが、云い方で全ての思考が理解出来て仕舞います。

私が、注視するのは、子供の呼び方、ご亭主の呼び方。

自己の子供を「息子くん」・ご亭主を「旦那くん」

完全にインスタ映えする事でしか自己を表現出来ない方、他者の存在が在って初めて自己が存在浮き出られる人間とも云え、微塵な矜持と見受けられます。


私には相容れない思考ですが、同じく子供を愛する親でもありましょう。
此の事と前述のアンケートに対峙した時の盲信的活用法と同義にも映ります。

思慮の問題かも知れませんし、道の違いでも有ります。
要は、自己の存在が他者からしか見出だせない空虚感からアンケートや消費者や権威の在る有名大家の戯言を有難く傾聴して真似事に終始して仕舞う受動的な自己とも云えましょう。

終わり。
↓ポチっ

人気ブログランキング


スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 感想文

2020年01月29日 18:01

同感では在りますね。

物事には表裏がありますが、アンケートを貰う立場と書く立場。
矢張り、貰う立ち位置で居たいなとは思いますね。

あまり、深くは書きませんが、アンケートを書く人は一生書く人で終わるのかとも思い、
また、アンケート結果を後生に泥棒の如く施策するのでも在りましょう。

感想文

2020年01月28日 15:39

僕もアンケートは嫌いです。理由は単純で面倒だからですが、時々アンケートに答えます。理由はアンケート提示者への感謝や義理から。書く内容は差し障りないことが大半です。大変満足に○をしても、何かあるか?の欄には気がついたことも書きます。そしてそれによる見返りは求めてません。そもそもが興味がないから。
アンケートが貰えるということは、その時点で
半分は不満がある
半分は感謝の気持ち
であり、

関心を持ってもらえている証拠。

貰えた数に感謝してより良いものに変える努力をしなければ、アンケート提示者は情報乞食と成り下がりますw