FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

子供の教育・刷り込みの幸・不幸。

2019年 04月08日 12:10 (月)


人気ブログランキング
ポチってね↑


こんにちは。

例により、何も考えずにPCを弄りはじめましたが…………。

常に思うのが、子供の親としての立ち位置の事では在ります。

お金が無いと当然生きては行けないとか…………。
本当にそうなのかとも思う訳です。

所詮は、他者から見た景色を想像して自己に置き換えているに過ぎないのでしょう。
要は、社会性を持ち合わせた者が云う当たり前の事や、常識が覆う俗世間の事です。

だけれども、其の事に反旗を翻してもイケないとする事を知っている自己も大切でもありましょう。
だって人間だもの親だもの。

現社会、現存在的に考えなければ、相田みつをバリな思考がご立派でも在ります。

そう、教育のお話です。

稀に綺麗ごとに終始する人って居ますよね。
其れって、言葉悪いですが一周回った高尚な人以外は清貧でも無く、負け無い事での自己防衛な事が多いのでは無いのでしょうか?

この世の中はお金が無いと生きてはいけないし、必要な悪の存在も許されましょう。
此の事は絶対では無いですが、大抵は其の様な事になって回る此の世の中。

其れは其れで善しとして、生活をする事も重要です。
家族が居るならば特に。

養う家族が居ないなら好きに自分勝手に生きれば良いのですが、家族って血を引いていても似ていない思考や好みの傾向が出ましょうし、親が勝手に誘導や価値観の押し付けも危険だとは思って居ます。

なので、僕は本来勝手気儘に生きてきましたが、今もそうかも知れませんが、なるべく自己を曲げて子供の前では常人の振る舞いや社会性を見せつけてはいます。

常識人として紳士な振る舞いや建前的な物の考え方、他人様との接し方を自己でもぎこちないのですが、努力しています。

此れって、此の世が或る意味偏った中立な存在との認識と、普通の暮らしが至極幸福だとも思うからです。

偏った中立、切り取り次第で此の表現になるのかとは思いますが、単に此の世は、世俗な事で其れでも倫理的には正しとされている事、間違っていると云う事は逆に基地外となりますし、所詮は此の世に紛れて生活の糧を得ないと一人山で自給せねばいけなくなります。

子供には取敢えず中立を与え、其の後の自我が芽生えたらば好きに生きてもとは思います。

其れが親の務めなのかは知りませんが、親のエゴで山の中、牛を飼い子供に牛の世話をさせ自給自足的な生活って子供が可哀想にと思います、子供も生得的に牛が大好きなら善しですが、そんな事は無いとも思いますし、選択肢を与えてない環境って…………。

歌舞伎役者も同じで、歌舞伎を継ぐ事を使命と思い込んで型を仕込まれる。
その親も同じ事をされているからこそ、疑問に思いつつも仕込む、其の事が有るから観客たる僕も楽しむ事が出来得るので自己矛盾はしますが、本音では山で牛の世話と同義かとも思います。

理解や疑義の上の葛藤、混在ならば吉ですが、そうで無い場合は壮大な刷り込みで操り人形になってしまい、其の事自体にも疑問を持ち合わせない人間は、世間が狭く脆さも露呈して他人のせいにしてしまう人生を歩むのかとも思います。

なので、偏った中立の中でも更に偏る事が無い様に、普通の普通を解きます。

成人になるに従い、此の世は何か違うなと思える事を許されると思える自己や思考が本来大切かなとも思います。
実際に歌舞伎役者では無いので知らないですが、歌舞伎の子に産まれ歌舞伎を遣らない選択って地獄にも似た立場なのかとは想像しますし、ご本人も、葛藤の中、親の気持ちを汲んでいるのも想像には出来ます。

幸か不幸かは知りませんが。

その様な事を考えると、親の夢だったサッカー選手に子供をしたいとか親のエゴは邪魔だなと。

ウチの子は、芸大に入り絵描きや彫刻等で食べて行きたいと云います。
正直、食べていくのは厳しいとは思いますが、幸い、僕には子供に残す事が出きる、金を産む不動産が在ります。

パトロン宜しく差し出しますが、此れも本質的にはエゴですし自己の中では矛盾にもなります。

切り取り視点が根底に届いては居ない手前かとは思うからです。

根底の定義も難しですが、実際、子供が芸術の道に進む事には賛成ですし、賛成する事でパトロンになる事の僕の夢も適うからです。
其の事は、上述で云う事と相反し、結果、壮大な誘導になっていたのではないのかとも自問します。

やはり、完全に自己を客観視出来ないとの証左でも在りますが、同時に愉しみでも在り、其の混在が此の世に生きるとの事なのかとも思います。

不動産投資には各々の理が在り、各々の何かの現実化、具現化の道具でも在りましょう。
基本、商売って一代限りかとも思います。

跡を継がせる事も自由ですが、生得的な特性を見抜く事も肝要で、其れを視て違う道の選択肢を見せるのも親心な事かとも思います。

では、此れにて終わります。
ポチってね

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: akさん

2019年04月10日 17:39

お久しぶりですね。

初心のの方には有益な事は無いですが、一定の大人にはなにかしら響くのかとも思って
勝手気儘に記しまして、言葉も悪く品も無く恥ずかしいですが、本音的な事なので
書くストレスが無いですね。

確かに、此の場が居場所ですねw

2019年04月10日 13:47

お元気そうで何よりです。楽待で書かれた時と比べて、ishiさんが自由に書かれている記事の数々、楽しく読みました。やっぱりこういう形の方が、ishiさんらしいですね。

私も子供のことでは最初の10年間、悩み抜き(ちょっと特殊な子ですので)、同じような子供がいる学校に入れようかと思ったこともありますが、フツーというのはこうだ!ということを繰り返し教えてきたことが、今はよかったと思えるようになりました。一人っ子ですし、親亡き後もなんとかやっていけるだろうと思えることが何よりです。

制約なくあれこれいろんなところに飛ぶ話題、これからも楽しみにしています。

Re: 地主さん

2019年04月08日 23:16

・僕の本業はいつしか別になり、不動産投資、賃貸業は副業になるのかも知れません。本業で金を稼ぐつもりではなく、やりたいことをやる意味では、今やってることが本業への入り口なのかも知れません。

此の事は、書く事とその後にお助けなりをしていくとの事でしょうかね?

立派なコンサルになるでしょうね。

実際、何かしら形になり、誰かが喜んでくれれば嬉しさは在りますね。

まあ~お金は持ってるでしょうからねw
お互いに、其のうちに何かしら褒められる事はしたいですね。

Re: saitさん

2019年04月08日 23:11

こんばんは。
遅くになりましてすみません。

毎度有難う御座います。

正直、生業が不動産ってのが生得的に合っているのかは未だに解りませんが、生業が盛業になっているのなら、食べて行けるなら不動産賃貸業の良いのかとは思いますが、その場合は、もう一つ、本当にやりたい仕事を出来ると人生に張りが出るのかとも思いは在り、その意味で、投資関係は概ね副業との意味でした。

何でも一所懸命な方は、突っ込みがちですし無駄が無く成功はしやすいのかとは思います。

実際、saitさんも成功はされている様に。

私も思います、人生はアッという間でしょうが、自己が楽出来る時は死期も近いのでしょう。

子が在ると、自分の人生は子の為に滅しているようにも感じますが、其れが家族でしょうし。

本当に、キラキラなどマダマダ出来ません。

僕は。

2019年04月08日 15:17

こんにちは!

僕は野球だけの子供時代でした。
子に私が感じた壁を投映してしまい、野球をやらせること(無理矢理という意味ではなくやりたいと言った時に)を躊躇する自分はいます。

不動産も然り。

本人の好きなように生きて欲しく、そのサポートが出来れば、僕は幸せなのかと思います。

saitさんのコメ、
僕の本業はいつしか別になり、不動産投資、賃貸業は副業になるのかも知れません。本業で金を稼ぐつもりではなく、やりたいことをやる意味では、今やってることが本業への入り口なのかも知れません。

親の甲斐性、嗅覚、生業としての不動産投資?

2019年04月08日 06:13

子供は親を選べません。

可愛そうに、殺された子供もいます。

でも不思議な縁の結びつきがあるのでしょうね・・・

でも、バカな親の元に生まれたことはどうしようもありません。そこで最善の方法を考えるしかないのです。

私は親の義務は、特に父親は極論、子供を育てる為(単に喰わせるということではない)の銭を稼ぐことに尽きると思います。結果が全てです。

やはりそれには、動物的な嗅覚が必須です。

私の親はそれがありませんでした。

私の義弟は横浜在住ですが、彼の親は早々当地に見切りをつけ、彼が幼い時に神奈川に渡り彼に大学教育を受けさせ一人立ちさせました。

彼の父親はそういう意味では、嗅覚が利いたのでしょう。

兎に角、鼻の利く御仁は田舎などには留まりません。田舎絡みの商売をするにしても都会と関連付けして物事を考えます。

今、そこに留まるのは脱出しようとしても出来ない老人か、極論無能者です。

田舎で周りと同じことをしていは、貧乏になるだけです。彼らは自ら貧しくなるように行動しているようにしか見えません。

私の場合只、単に運が良かっただけかも知れませんが、不動産を知り、取り敢えず子供の行きたい学校(私立中)に無理なく行かせることが出来ています。

どうしようもない親ですが、そこそこの有料老人ホームに余裕を持ってブチ込む(ちょっと言葉は悪いか?)ことも出来ています。

これも¥が無く、自身で抱え込むと介護離職等、身動きが取れなくなり共倒れです。(私の場合、完璧に離婚です)

それもこれも、田舎で他の人と同一行動を取ることなく、自分で考えて行動し、資金を蓄えたからこそ出来たと思います。



でもこれが、自分が本当にやりたかったことか?と言えばそれは違うと思います。

ホント、この時代、年金だけではやっていけないと皆青くなっている時に、年金など全く当てにせず(と言いながら自分の会社の分の厚生年金はしっかり貰っている)やっていける状態で何を言っているか?ということですが、若い時は二度と帰ってきません。

¥で若い時を買い戻すことは出来ないのです。あの時の体力、知力を持って生き直すことが出来ればとつくづく思いますが、それは叶わないことです。

そういう意味では。前ishiさんがコメントの中で仰っていた”専業でも兼業でも、不動産投資は本来副業で在るべきかとも思います。”は何故か胸にズシンときました。

私の場合、前職も今の仕事も、結局は”生業”でしかありません。

本当に叶わぬ夢ですが、上手く言い表せませんが、そういう本業をしてみたかったです。