FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

天使の分け前。

2020年 04月28日 15:53 (火)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

此の頃は、自粛も板に付いた感も御座いますね。
此の喧騒の中で、各種給付金や助成金の話が出ても居ますが、個人事業主の大家も自粛しているとし給付金を貰えたりもするのかも知れませんし、賃貸法人も貰える事でしょう。

此処で先ず思う事は、不動産投資家で各地に多法人で融資を引いて、其の多法人が休業要請に呼応し活動自粛、売り上げ減少、休業の貼紙をして写真提出で給付金が貰えるとしたらば、一法人に付き其々の法人が各地で個別に給付されるとしたらば善い小遣いには為るのでしょう。

給付金は大抵がザルとの事が定説でも在りますので、仕様が無い事で、個人事業で飲食でも無い我々は、本来全く以って今現在傷んではいませんが、書類を少し弄るだけでお金が落ちてきます。
不公平な世の中だと、高みから物を云える立場で本当に善かったとも思いますが、此のような事はSNSでは当然云えません。
大多数の店舗は明日が見えないく、はした金で休業せよと国に云われ、自粛の中、開店休業状態ですから不可抗力的に休まざるを得ない。

また、此れから審議に移行して行くのだろうと思料出来る事は、固定費の家賃支払いの猶予や援助等の事でしょうし、此の事の内容に因っては、我々も出血が在るのかも知れませんが、同時に国から給付金を得る悪巧みな思索も直ぐ様に想定出来もしますが、此処では憚れるので書きはしませんが、此の事は翻ると胆力の在る無しだけですが理解出来る人は簡単な事。
此の減免や猶予措置は99%可決されると思料しますから、今から書類を弄り整え落ちて来る金を取りに行く準備を施策している者も多い筈。

予測では、上限を決め減免額の7割を国が補助し、減免に応じた大家には固定資産税や何らかの税負担を減免等ど算盤を合わせ三方一両損的な案で落ち着くのかとも思料します。

また、落語の噺では在りませんが、大家と云えば親も同然との事は江戸の昔からの日本の風土や文化との事でも在りますし、日本の借地借家法は此のような観念の基から施行されてもいましょうから、減免等怪しからん、景気が善い時や商売繁盛の時に家賃を上げる事等はしないにも関わらず、此の期に減免等を宣う等、人格を疑うとの事も、一義的には同感でも在りますが、本質を見誤る事も多いと思料出来ます。

一義的な反駁として、景気善い時云々や大家も其々で在り、借入返済が大変な者もいて減免には応じたくとも応じられないとの意見は俗的には当然の理でも在ります。
ですが、大家は資本家の中でも特殊でも在り、左団扇で無い者は大家では無いとの事です。

上述の事を否定的側に在る左団扇の大家や資本家は、抑々、家賃が半値に為った態度の事が一年続いても問題ない財務基盤の者を大家、地主、資産家とも云うとの事の証左と誇りや信条として所在し、国が家賃減免を押し付ける様子でも、其の事は、大家さんは資産家在り、庶民では無いので宜しく願いますとの勲章的隠喩で在り、減免する事は大家としての責務と社会貢献でも在るのかとも思えます。

所詮店子は店子の器量でしか無いので在り、大家も店子が居ないと只の土地持ちとの事で生産性が無いので、生産性を店子に任せ上前を撥ねる事で、鶏が鳴くと金が懐に落ち毎度将棋が打てる生活が出来る、其の様な者が大家で在り資本家や資産家との事との分類でも在り、何やら減免で借入返済困難等と雑言を云う者は、大家の顔にも診えますが、其の実、銀行に多額の金利上納する店子の様な存在なのでしょう。

誰しも端から余裕な大家では在りませんが、コロナや不景気等と自己の現状を重ねた時、今困窮したり此れから窮状が予測される者は素質が無いとの事でしか無いのでしょう。
そこそこ安定していたにも関わらず、生得的な露出狂的なお大家が顔を晒し、文化人を気取り、したり顔でしたが、多くは今瀕死の重傷を負っても居るやに仄聞にて知りますが、コロナの自粛の影響が年内続くとしたらば、大家の顔をした銀行の店子的純資産が無い投資家は生きては行けないかも知れません。

家賃減免の相談に対してはの施策等は簡単な事でも在り、大家として本質的に思索すべき観念は其処では無いとも思念し、大家は寛容にて、今後の家賃減免の事等を天使の分け前出来得るか否かが、大家・資本家・資産家群か庶民・大衆・銀行の奴隷かとの鏡でも在ります。

終わり。
↓ポチっ

人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 刺さりました

2020年05月01日 16:44

焼け太りはアレですが、詐欺は駄目ですねww

また、大家は寛容で在れとも思いますが、矢張り、許せない奴には減額などはしませんから
要は、人を見ているだけ寛容には為り切れもせずw

刺さりました

2020年05月01日 08:38

こんにちは。

今はテナントにて相談があることが圧倒的に確率的に高いでしょうが、結果、猶予しているところはありますが、減免はいまだ考えていません。

これは、僕的には個人事業への考え方なのかも知れませんが、『恥』と関わる問題でもあり、決して、僕の持つ自論が相対的に全ての人へ当てはまるわけもなく、『情』により減免するかも知れません。

これがレジならば?

僕がこれまで取りっぱぐれないのは、実は絶対回収するからとかではなく、単純に滞納して逃げられるとかのパターンが存在しなかったからかも知れません。

それにしても、冒頭の給付金を『上手く』貰う人もいっぱいでしょうね。僕はそれはやろうとは思いません。
火災保険で焼け太りは払った保険料の回収でなんら感じませんが、上記は僕には合わないなと感じます。

変なプライドです。笑