FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

穏やかなお爺さん・横柄なお爺さん。

2019年 05月28日 16:40 (火)


人気ブログランキング
↑ポチっ



こんにちは。

たまには実例の事を。

以前に区分マンションを売却した時の事例。

僕が所有のマンションでしたが、賃借人が退去のタイミングで表層のみリフォームし、賃貸と売却と同時並行にて募集を為していましたが、結果、売却のお客が早く付き、売却した時の事。

1枚のチラシを持ったお爺さんがアポなしで来社。
此の方が買主。

元大手航空会社のパイロットで、当時78歳の紳士でした。
奥様をワイフと称して居ましたし。

聴くに、チラシのマンションが気に入った、今から案内してくれとの事。
暇なので案内し、事務所に帰り、即買付けを書いてはくれました。

購入動機の詳細は、自宅が狭く、アトリエ的に趣味で一人の時間を欲っし、愉しむ為の購入。
当然に現金。

ただ一つだけ、注文が在りました。

其れは、ワイフには買う事を事後承諾したいので、自宅には電話しない事、携帯にも電話しない事等の家族に面会謝絶。

なので、今此の場で、契約の日時と決済の日時を決め、必要金額と必要書類を指示して下さいとの事。

超絶変わった人で、此の様な感じの方は過去にも居ますが、大抵はお金を持っていない、少し頭のネジが緩んだ方が多いので、相手にはしませんが、此の紳士はマトモに視えたので付き合う事にしました。

書類は○○、必要資金は○○と其の場で、説明し面倒なので銀行に集まり同日契約、決済で良ければとしましたが、すんなり質問も無く、理解した様子で帰りました。

此の突然の訪問から、決済迄の期間を10日後に設定し、たまたま出金の金融機関が使っている銀行なので部屋を借り契約決済となり、無事に終了となります。

此処迄は、何だか狐につままれる感覚でした。

2週間程して、先のお爺さんの御子息から電話が在りました。

電話口で相当にお怒りの御様子。

此の御子息の云いたい事は、年寄りを騙して無駄なマンションを買わせ、どのような料簡だとの云い分。

勘違いや相違は、度々あるので気にもしません。

当方の返答は、云いがかりも良い処、痴呆には視えなく、逆に痴呆の診断が在るのなら示して頂ければ、全て御返しする意向の趣意と、健全な立派な紳士にお見受けした事と、ご本人が、家族には絶対に知らせない事、訪問や手紙、連絡の一切を禁止された事を説明致しました。

当方は、契約者の意向を尊重した迄。
公序良俗に反したつもりも無い。

要は、此の御子息は父親が不動産を黙って買った事で、現金を減らした事に御立腹。
長男で同居、親父のお金は倅の物の感覚なので、倅の気に入らない不必要なマンション等買うのが許せなかったのでしょう。

そんな倅だから一緒に居たく無く、一人アトリエに籠りたかったのかとも思料しました。

最後には電話口で、紳士の奥様(ワイフ)ともお話しましたが、最後は泣き落としの愚痴で、お金を散財して苦労もして居る、今回は迷惑だろうが、同じ金額で買い戻ししてくれとな。

其れは出来ない、倅と同じ様に、ご病気の診断を頂ければ明日にでも返金しますとしました。

最後は、弁護士と相談と息巻いて居ましたが、此方は同じ見解ですから逆に弁護士から連絡くれれば説明はいたしますともし、電話を終わります。

結果、其の後一切連絡は無く、其れから2か月後同じマンションが購入金額に諸費を乗せた金額で売りが立っていました。

正直、複雑な気持ちでも在りました。

複雑な事は、自分のしたことは正当だとしか思って居ませんが、お爺さんが一所懸命に働いたお金を散財しても、余りある年金も在ろうに、其の残したお金を当てにする家族達。

誰しも子供や配偶者を思い、お金を残そうと現役時代に働きましょうが、隠居したらば邪魔にされ、お金も自由にならない・・・・
不思議なもので、子供のあげようと思って残したお金でも、いざ子供が感謝も無く手を出すと、あげたくないとも思うモノ。

倅との話しでは其れが滲みました。

また、契約者の利益の最大化を図る事の意味は?
との疑問も沸きます。

実際、高齢者で病気の判別の無い人を子ども扱いし家族を連れて出直せとは云えない。

今月決済購入したAPの売主は末期がんで余命宣告を受けての売却、路線価以下の決着でしたが此の事も、或る意味上述の事例と変わりは無い。


80代前後の此の二人ともに意志を尊重した迄。

道行く年寄りをキャッチし騙したのではなく、自らの意思で出向いて居ます。
此の事は自己の中では決定的な違いと線引き。

正直、家族に面会謝絶の時点で事の顛末は色々空想は出来ましたが、其れは其れ。


たまたま、マンションを買った紳士は穏やかで倅は守銭奴。

APを売った紳士は超横柄な元上場企業の役員で、倅は猫みたいな人。

子の違いで、此の違いなのかとも思った次第。

自己が立派でも、子が立派な事は当然に無い、だから残してあげたい親心、其れも仇になる事も在る矛盾。

当然、此れは自己の解釈の自論でブログ。

本当の事は家族の事情が在るのでしょう。

では終わります。

ポチってね

人気ブログランキング






スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2019年05月29日 19:58

うーーん、考えさせられるw

Re: naomさん

2019年05月29日 09:14

毎度コメ有難う御座います。

最後は夫婦で仲良くしないとと思います。

正直、子をあてにしても酷ですし、自分の事は自分でです。

親の介護やら未だですが、実際は出来ないのでお金で強力するしかない。
其の為に余力は在り有り難い情況ですが、子供には無理して貰いたくはない。

出来る範囲で出来る事を。

って思うこの頃です。

No title

2019年05月29日 06:42

ishi.様

おはようございます。
切ないですね…。ご自分で成した財でも自分で自由にならない…。

ところで、私も可愛がられて育ったので、子供を大切に思う親は当然と思っていましたが、世の中には人の顔をした鬼がいるというのをある時知る事になりました…。

>親は子を育てるのは当たり前、親孝行等する前に、自分の子供が出来たら子供を一生懸命育てる事が、一番の親孝行だと。

こんな親御さんだけだったら世の子供は皆幸せに育つのに、と思います…。

Re: ゆたちゃんさん

2019年05月28日 23:01

ご無沙汰です。

ラクマチは毎度拝見していますが、出禁のコメもアカが無いので出来ないですみません。

子供にとっては如何⁈
との事は、もう正直親のエゴで自己満と捉える事でしかないとも思っています。

目減りしようが、本人にあげたじてんで其の子の物、お好きにどうぞと思っています。
僕は恩着せがましいのが嫌いですし、親のエゴと割り切れないと結果恩着せがましくなり得ます。

子に良く云う事ですが、親は子を育てるのは当たり前、親孝行等する前に、自分の子供が出来たら子供を一生懸命育てる事が、一番の親孝行だと。

ではまたお気軽にお寄り下さい。

Re: 地主さん

2019年05月28日 22:52

この頃、気に入ってくれている様で有難いです。

子供を思わない人は居ないでしょうね。

共に成長。
地主さんらしいですね。

僕は、此の頃娘に少しづつ本音を云う事にしています。
そろそろ大人になる頃なので、大人の本音と建て前を雑談します。

少し理解も出てきているし、誘導にもなるでしょうが、社会に出て無知培養では其れこそ苦労するでしょうし、不条理を云い聞かせてもいます。

高校性位になると面白いですよ、大人と話す様で幼少期の子育ては一生忘れない想い出。
今は、人間の成長を見られる喜びですね。
壮大な人体実験にならない様にしたいですが、其れも相矛盾します事。

適度ですかね。

Re: akebonoさん

2019年05月28日 22:41

マジコメですねw

子供の事等は正直、各々の家庭の事で余計なお世話ですから、深追いしません。

文中の文章で伝える難しさのとの事。
抑々、文章、言語とはの意識ですが、言語とは単に伝達の意思疎通的な道具を難しく観念付けた物で、特に日本語には短文を読みつく文化、5・7・5等。

其の事は素晴らしい文化ですが、本来、椅子はイスで在りイスと云わなくとも、机でも良かった筈。

イスの観念よりもイスとの響きでイスを思う事は言語が先に在るからでしょうが、本来、椅子は太古の昔から座る物とし存在し、意識して初めてイスを認識出来得る。

ヘレンケラーは産まれ持って目耳が不自由。
水を意識し始めて水を認識した現代人には希少な存在なのでしょう。
その時に言語よりも意識が水を感じ、伝達の意識が芽生える事になったのかとも思えます。

ゲシュタルト崩壊も、言語の視認化した文字を或る意味、本質的に意識しないから起きるのかとも思えます。
文字の観念が先立ち、意識し思惟して初めてアレってなる。

其の時点で文字は文字でなくなっている感覚になり、文字の本質を意識したとも云えるのかも知れません。
要は、お馬鹿さんは崩壊自体しませんから。


また、本稿に繋がりますが、自己相似(フラクタル)との存在が好きで、親子も此れで所詮は子も自分です。
観念の世界で云えば、江戸だろうがメソポタミア時代だろうが、親と子の関係は基本変わらないのかとも思慮しています。
世の中全てが自己相似し、相関しているのかとも思えます。

要は何処で括るか、括る概念を沢山持ち合わせている事が本質的に正しいかは知り得ませんが、変人と云われないで済む用法なのかと思い過ごしています。

互いに、マジなお話はに合いませんねw


子供とはと、伝える事の難しさ

2019年05月28日 21:46

ishiさま

いつもブログ拝読してますが、返信を書こうと考えている間に、時が過ぎてしまい追いつけてないです汗

そして、ちゃんとブログを読んでのコメントなのか、読んでから自分の内側で違う流れになってしまってるか、電話でいうと混線してますがご容赦ください、、



親がいなければ飢え死にしてしまう年齢までが、ほんとの親子関係なのかもなぁと24歳の息子を見ていて思います。

村上龍の小説、愛と幻想のファシズムの主人公、社会的ダーウィニズムを標榜するファシストのモデルとなった斎藤令介の原始思考法という本で、狩猟採取の時代なら自分でエサをとれるのに、年老いた親が養うのが日本の大きな問題になると、平成アタマに書かれていました。

私の解釈で、たぶんですが、、、


戦国時代なら親子の殺し合いもあり、現代の価値観とは随分と違う世の中であったかと

難しいもんですね、、

しかし文章にして考えを伝えるのは難しいですね。ゲシュタルト崩壊ってありますが、そもそも統合されてるのは人類からすると最近の事で、文字を駆使する能力があるのは、ある意味最先端の人類なのでしょうね。逆説的にディレクシアとも関連あると思いますが、その相関の深掘りは危険思想に直結しそうですね。

纏まらないひとり言、失礼しました。

子と共に成長したい

2019年05月28日 20:19

こんばんは!

無茶苦茶読み入りました!これはラクマチなら100良いねのコラムですね!(真面目、今でもムカついて仕方ないス。汗)

本文を読み、
親と子は一緒に成長出来ないものか?

凄く考えました。色んな感情が時に邪魔すれど、お互いが望めば不可能では無い気がします。子が望まないことも考えられますが、それでもそのように臨みたいという、ある種の親のエゴかもしれない感情を抱きました。

30年後に少し見えるのかなぁ。

お疲れ様でした!

自分と子の将来について考えさせられました…

2019年05月28日 19:13

ishiさんこんにちは、久々にコメント致します。子供の将来の収入に対する不安を少しでも解消しようと考えて行っている現在の不動産投資も、実際には本人にとってはどうなのだろうか?と、疑問を感じながら今回のブログを読ませて頂きました。子供と会った時に、本人の本当の気持ちを聞いてみたいと思いました…