FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

豚・獅子・狼

2019年 06月18日 22:51 (火)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

今回は、不動産投資的な動物達のお話を自論を交え綴っていきたいと思います。

先ずは豚、獅子、狼、最後は犬。

飽食な豚なら、清貧でも人間に。

傲慢な獅子なら、謙虚な無知に。

狡猾な狼なら、堅気に忠信に。

人のステージングとブランディング、プライドを織り交ぜ、自身の貫目を為している事をば。

其の中で、克己的な有り様の違いについて、考察し自論を展開します。

禁欲的克己は自身の矜持で振り幅が違い、先の飽食な豚なのか⁈清貧でも人間なのか⁈ 見るからに高級の食事を、三度三度召上がる豚は、満足し醜い醜態を晒します、清貧な痩せ細りし人間は、目立たなくとも自身の克己な高級な満足とやらを知り得ていましょう。

何処に行っても特別待遇の獅子は、自身より頭の高い者が居ない事に満足でしょうが、謙虚な無知を知り得る者は、自身の頭と地面の距離が短い事でしょう。

禁欲的克己心は、貫目の中に自身の美を見出し、その最上の快楽が清貧と謙虚な無知との事なのかと。

其の快楽の上等さを見出したのなら、豚の視点にあたる、飽食、強欲、傲慢等は取るに足らない低俗な快楽となりましょう。

自己に内在する肯定が建設的に充実していれば、他者の慰めも欲せず、気儘な生き様になるのが必然、或る意味、芸術家の振る舞いはコレに充るのかとも思います。

個人と個人を語るに、どうしてもこの様な比較論的な考察には為りましょう、視点で違うことは不可避にて、普遍的矛盾の中で捉える事と、普遍的矛盾としない全美な物とするのならば、当然に相容れず理解も知見の度合いには善悪は無いにしろ、他方が他方を語るのは迷惑で、其の事を相互に上等の快楽とし自己の忠心にしていましょう事。

強欲の飽食たる豚は、狭い柵の中では直ぐに共食いとなり、空も飛ぶ豚も居ましょうが、結果は厄難とし死屍累々な事で、其処に知が有ろうとも思えません。

傲慢な獅子は、群れを成し、キラキラな立髪が優れている者が頂きに立ち、配下の統制を成し得た充実も結構ですが、所詮は欲得の共謀と視え、疑心暗鬼しか産めない非生産的な日常の事かと思料致し、此処にも知が有ろうとも思えず。

自身は清貧と思いたいのですし、知の探究も続けたく、頭は低くしてい行き、其の事の矜持に限っては高く保ち、謙虚な無知としたいですが、語ると途端に謙虚さが引っ込み、承認が顔を覗かせる事に。

如何ともし難い事実ですが、自身の今出来得る限りの通知に他ならず、敢えて記す術を取っています。

豚も獅子も逞しく生きています、不動産投資は獣道、健全な投資家たる犬達は、名も知れぬ屍の上も踏破せねばなりません、狡猾な狼は、其の入口と出口で待ち構え、欺瞞に満ちた口蓋を覆い道案内迄致します。

同じ境遇の種に出会えれば心強く、強靭になった錯覚も有りましょう。

豚、獅子、狼、犬、各々が居て成り立っていましょうが、全てはバランスの満ち引きの様で、干上がっても高潮でも歪みが出て、テリトリー全体が消滅しかねません、必要悪の存在も否定出来ない事も有ります。

狼の悪さが目に余ると、水源を堰き止め兵糧攻め、豚も獅子も、肝心な犬までも死にます。

駆け出したばかりの初心者の所属が、誘惑と欲の渇望に負け自立を諦め、成長の過程で豚や獅子に取り込まれ変化し、皆の今の種の所属は解りませんが、行いは他者に及び自身に帰結し、悪さして逃げ切った感のある御仁も、必ずや死ぬ前に精算させられましょう。

多少の差は有れ、犬は種類が多様で大小も有り、基本純真で知恵も有り、他者に対しても良好な関係を築ける、類を見ない特性を持ち合わせているかと思います。

知も有る犬が、当然同等の知も保有する豚や獅子の、高貴に見える欲望と羨望に挫け所属する選択は結果で有り、他者の助言や諫言も余計な誘導、教育的洗脳は解けるモノで無く、解くモノで有り、所詮は己次第で、その様子過程を他者たる健全な犬達は観察し、其の結果、観察者の知識的教訓的餌になり、傍観的に鳥瞰出来うる事の有難さも有ろうが、既に非情の感の発信を為しても、結局は非両立的な立場に有る狼の家に、たむろする犬の其の審理や気が知れず、ただ憂うのみ。

優良な狼と犬は似て非なる者、狼の心根は所詮、犬は異種で餌。

取り留めもないお話で、童話の類でしたが違う種には気を付けましょう。

2018年8月アーカイブ再編、終わり。

ポチってね

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

2019年06月19日 23:47

面白かったなら何よりです。

犬は所詮犬だと思えば大けがも無いです。

狼は犬では無いのに犬が狼を統領として群れる事の悲哀の揶揄。

狼の落ちこぼれが犬を集め偉そうに似ているのを見るにつけ滑稽。

Re: 地主さん

2019年06月19日 23:43

御名算です。

犬は犬です。

狼からすればヒヨコで餌です。
鶏になって食べる事も在るし、卵を産ませて卵掛けご飯を毎日喰らう事も可能。

比喩ですけどねw完全にww

Re: ブックさん

2019年06月19日 23:34

豚が空を飛ぶ最高でしょうね~

欲は正直有った方が良い事かとは思います。
綺麗ごとでは飯は食えませんが、他者を直接に嵌め込む様子には困りもの。

効果的には何も出来ませんが、喚起しながら目に付いた人がアレ~って思えば幸いですね。

No title

2019年06月19日 22:23

面白いブログですね。

私見では自分も含め犬ではないでしょうか。

野良犬なのか、飼い犬なのか、群れを率いているボス犬なのか、その中でチワワも居るしドーベルマンもいて、、、

温室育ちのチワワやトイプードルは野良犬に食い殺されるかもね。

これ覚えています!

2019年06月19日 17:45

こんにちは!

このコラム覚えています。そのコラムにか前後だったか迷える羊さんのお話をコメントしていたような?

当時は、獅子は僕のことかな?的に質問した記憶があります!違いましたっけ?汗

改めて読むと、

色々違って読め、理解度がかなり違いました。ishi語に慣れてきたのかも知れません。笑笑

犬を投資家に例え、別を狼と例え、別種には気をつける!成る程。

一匹狼という言葉があり、良く自身を群がらない孤高の存在と例える時に人は良く自分を狼に例えますね。でも知らないですが、実際は狼は餌を狩る為群がる生き物でしょうか?

そこに犬が共生出来るとは思えないです。。。

ishiさんのコラムは、まだまだ完全に理解するのは難しいなぁと感じました。汗

大体は合ってますでしょうか???
(´⊙ω⊙`)

No title

2019年06月19日 02:52

空飛ぶ豚に憧れます。

豚は欲望の象徴とのことで
一時期、金の豚のペンダントと石の豚の携帯ストラップを身に着けていました。

INUといえば、メシ喰うな!
アルバムのタイトルですが笑
せめてパンクにはいきたいものです。

Re: AKEBONO48さん

2019年06月18日 22:16

こんばんは~

去年に書いた物ですが去年から警鐘しているんですw

占い師的に適当に書いているだけですが、目を瞑っていても的を射てしまうんです!
才能って怖いですね~

冗談はさて置き、看過できない事が今後多発するのかとは思いますので、注意喚起は僕の性に合っているので良い時代の到来では在りますが、投資家には冬の時代でしょう。

重要事項説明書

2019年06月18日 19:05

こんばんは
シリーズものになる予感ですね汗

毎度の事ながら漢字の意味を調べる事となり、とても勉強になります涙

不動産投資をしている人にとっての重要事項説明書だと思い、一言一句理解しようと5回程読み返し5割くらい理解できたかなぁと思います。

動物に例えての説明だと、とても分かりやすいですね。似たようにみえても違う動物なんだと思いました。

裏切られたと感じた時によく使うセリフで「あいつは変わった、元々はあんな奴じゃなかった」などありますが、多分違うと思っていまして、恐らくですが「元々そんな奴」が、たまたま違う仮面を被っていただけなんだと思います。

まあ、私の戯言はさて置き、このブログのように考え気付くキッカケを与えてくれるようなものが、遠くまで届きますよう切に願います。

追伸
せっかく八百万の神の國に産まれたんですから、一神教だと損ですね笑笑