FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

大小の他者。

2019年 06月29日 14:30 (土)


人気ブログランキング
↑ポチっ


こんにちは。

今日は気儘に。

他者との交わりは当然、此の社会通念の中、とりわけ家族が在る者は専ら此の世界で事を為さねば、物事が進まず、妻子を泣かす事にも為ろうが、其の事で自己の本質的な観念を曲げいる事実は、当然な成り行きでも在り、最早悲嘆するでもあるまい事と或る種の絶念を以って対峙する事でも在ろう。

其の事は、此の観念めいた他者達、最大公約数的大衆の持ち物が社会通念との仮置かれた位置でも在ろうが、其処に観る、自己もまた所詮、同じ他者を明示させ得ている一所属の一因な事は理解するが、其の外郭的な事柄や内在性等も成し得ていても未だ此の世界に自己を見張る事は、本質的自己から沸く事なのか、偶有的な事から為す行為なのかも知り得ては居ないが、其の両義的な事から考察するに、本質的所属性は此の観念の内在でも在り続けるとも観念出来、社会通念の概念を無に帰しては、抑々対比的比較の寓意も所在出来得ず、本質の抽出も適わず、其の事を以って自己と他者を俯瞰鳥瞰する事とは、或る種の置換的同一性を成し得る事とも云えるのかとも思料する。

此の前提で事物を為していないと、際限ない世界を探究せざる得なく、其の向こうは形而上な事も在ろうが、其処を抵触的に語ると本質的には虚説に逃げ惑う様にも似よう事。

此れが解釈の疑義に付いての得意な逃げ口上な事との自論では在るが、事実として説明の尽かない事柄に明示を為す時の善悪の観念や自己言及に陥る時の自己の内省を覗く事を覗く様子になり、幼児の鏡像段階の様子を壮年で味わう様にも似て思索も尽きない迷走でも在ろう事。

其の露出が要諦で在り、其の事の現象的事実が或る種の解を構成し朧気な本質と為すのかとも思料し思索を積層せしめ、朧げで埋め尽くし意図して露出を視る。

自己の其処に視る物も本質と思えしモノでも、傍観者たる他者には無二の判別は不能にて其に宿るは、所詮自己の会心。

他者に伝播させ得る事の本懐を為す事自体が、没意義的で在り自己言及にも為ろう。
事実、家族も他者では在ろうが不思議に人類は其処に他者性を持ち込む者は少数なので在ろうが、此の解釈も分解的に考えるに大小となる、先人の謂う処の大文字の他者とも云うのだが、其の大文字の他者に承認されたいが為に、家族特に子への或る種の裁断は、本質的に小文字の他者たる子には相通じず、相反的にもなり得るし盲目を為し得誘導する事にも為り、結果責任の大部分は其の親に在ろうとも思料出来る。

此の大文字の他者、即ち、広義には形而上の事でも在り、有り体には世の中、後世や一段高い処との意でも在るが、此の概念を理解し、小文字の他者と区分の理解が在れば言及的な或る種の可逆的な家族に意義を用いり相容れる少数単元の家族が形創られるのやも知れないと思索を続ける事が肝要なので在ろうと思料する。

人は業を持ち合わせ其の事で発展する。

業の所在の考察、自己に用いる其の用法と家族と最大公約数的大衆との対比から視える個人、大小の他者との事を迷走しながら記してみました。

半分自分で記していて目が廻りますが、一部抜粋でSNSはクダラナイ事って事の理解ですが、だからと云って使わないのも利口とも云えない、其の理解が大切な事でしょう。

また、家族って難しく、此の事を思うと映画エデンの東を思い出す。


では終わる。

ポチってね

人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 地主さん

2019年06月30日 23:51

そうですね。

お金さえ有れば好きな仕事の選択や冒険も出来る。

不動産は道具ですが、魔法では無い事にも注意しないといけない。
魔法を掛けられ魔法が解かれると・・・カボチャの馬車ですw

天職にありつける事って幸せです。

僕も多分未だ天職にありついては居ないかとも思います。
強いて云えば大工ですが、今ならまたやりたいですがお金にはならない・・・・

欲が強いのでしょうね。

迷走中ですw。

Re: ブックさん

2019年06月30日 23:44

ジェームスディーンって演技上手なのだと思いました。

ジャイアンツも観ましたが良かったですね。

プリンスも天才ですから何か含意が在るのでしょうねw

ウンコ然り、出てしまったモノはお仕舞ですから、また明日食べウンコするw

生きてる実感かも知れません。

転職と天職

2019年06月30日 21:22

こんばんは!

また、非常に難解で何回読むことになることか。汗

取り敢えず、コメントは憲法に定められし投資家の義務なので、コメントさせて頂きますww

先日、最近転職した投資家仲間と会いました。

その中で、一定の考えが見え、融資が締まり、どうあがこうが、踊り場状態。

そこで彼らが選んだのは転職。不動産に魅了され、不動産に携われる仕事への転職。15年勤めた会社を辞めて、天職となるか?

僕は二人のことは心から応援したいです。目の前の仕事から逃げ出すのは簡単。ある程度の知識がつけば、コンサルセミナーよろしく、勤めなくても稼ぐ方法もあり、で選ぶは勤め人。

何故か?

子供はまだ小さく、父親の背中を見ているから。だと思います。

子に魅せる背中。

きっと、すでに素晴らしいモノになっていて、これからもそうあり続けられることを祈っています。

転職と天職。

不動産投資は、止む無く勤める勤め人に天職を与える可能性もあるんだなぁと感じたのでした!

No title

2019年06月30日 21:16

音楽産業界の事件として、プリンス(ミュージシャン)が
“オレは記号だ”と宣言して Ƭ̵̬̊  と名乗ったことがありました。
それって大文字の他者(大衆)との隔たりを大文字な自己として表現したのかな等と云々。

時代がかわり、SNSでは手軽に世間に発信もできるようになりましたが…
何だかウンコ垂れ流す感覚があり躊躇します。

それでも、たまにソッチコッチで書き込むことにはささやかな充実感があるので、これは良いウンコだとしています。
便秘する意義を見つけることもまた難しく。

エデンの東未見だったので拾えず悶々とした内容に笑
汚い話になり失礼しました!

Re: さてと

2019年06月30日 12:14

AKEBONOさん、正に今のご自身の胸の内を吐露している様で絵が視えますねw

イジメや引きこもりの考察は一義的、社会通念の中では御尤もです。

僕は其処で生きてきた事も無いので、無視や引きこもりに違う感情が在ります。

書くと長くなりますのでアレですが、鏡の考察ですかね。

AKEBONOさんの今後が楽しみですww

さてと

2019年06月29日 23:11

さて、またまた難解ですね汗

他者があるから自分があるとの見解があるのですが、イジメでよくある無視がキツいのは、他者から存在しない者として扱われからかと

引き篭もりも社会問題となってますが、他者との接触が無い状態で自己が肥大化と同時に矮小化し、結果として社会性が消滅してしまう事が問題かと思います。

定年退職した男性が元気なくなるのと同じですね。

嫌でも社会のシステムに組み込まれているので、諦めてその仕組みで喜びを見出せればしめたものですが、不動産投資の世間では、その仕組みから自由になりたく力を発揮する人もいますね。

仕組みから一時的にでも自由になれると分かった途端に、逆に仕組み内にいても精神的に自由になれるようです。

SNSが今後の社会にどんなインパクトを与えるか分かりませんが、無き世界では知り合うことがなかった人々が繋がるので、摩擦もありますが、それよりも面白い出会いの方が多ければ儲けもんかと思います。

ブログのどの部分に引っかかるか
まさにその通りかと思いました汗

いやぁ週末なのに頭使いました笑笑